中村倫也が中野量太監督にキューピッドをお願い「いい人いないですか?」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
逆に全女子による争奪戦開始か!?

 俳優の中村倫也が19日、TOHOシネマズ日比谷にて行われた映画『長いお別れ』の公開記念舞台あいさつにメガホンを取った中野量太監督と共に出席。作品についてトークセッションを繰り広げた。本作に主演した蒼井優をはじめ、今まで作品に出演したキャストが何人も結婚しているという中野監督が「キューピッド監督と呼ばれている」と明かすと、中村が「誰かいい人いないですかね?」とお願いする一幕もあった。

【写真】中村倫也、おしゃれシャツでさらにおしゃれに(イベントの様子)

 蒼井演じる次女・芙美の恋人・道彦を演じた中村は理想の夫婦像について聞かれると「真面目な父とちょっと天然の母を見て育ったので、それが理想かな」とコメントしつつ、まだしっかりとしたイメージが湧いてこない様子。作品については「楽しく、愛おしい気持ちで観させていただきました。クスクスと笑えて感動して泣いて、一番いい映画です。いろんな世代の方に観てほしい」とアピールした。

[PR]

 中野監督は「家族3世代に渡って描かれています。特に若い世代の方に観ていただきたい」と呼びかけた。中村にオファーした理由を聞かれると「一番はたたずまい」ときっぱり。「(中村は)しゃべるタイミングとか、間とかが独特なんです。何が出てくるかわからない。僕はそういう俳優さんと一緒に撮りたいんです」と説明した。

中野量太監督と中村倫也

 お気に入りのシーンを聞かれた中村が芙美と道彦が付き合い出して1年半になる記念日の場面を上げると、中野監督も「僕もその場面なんだ」と同調。この場面は中村が「1年半」というセリフを言う場面での独特の間と言い方に注目して観てほしいとのことだった。

 本作は、直木賞作家・中島京子の実体験に基づく同名小説を映画化。認知症を患う父親・昇平(山崎努)とその家族が過ごす7年間の日々が描かれる感動作だ。(取材・文:福住佐知子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]