賀来賢人、観客との“対決”で得た自信「コメディーは素晴らしい!」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
賀来賢人

 昨年、大ヒットドラマ「今日から俺は!!」で主演を務めるなど、今やコメディーのジャンルで唯一無二の存在感を発揮している賀来賢人。WOWOWオリジナルドラマ「アフロ田中」で等身大の主人公を演じた賀来がコメディーにかける思いをはじめ、俳優としての自信を得た舞台での経験などを語った。

賀来賢人、笑撃の仏顔!「アフロ田中」予告【動画】

 のりつけ雅春の人気コミックを実写ドラマ化する「アフロ田中」は、原作の「上京編」をもとに、22歳で上京した田中広の日常や恋が描かれる。賀来は、アフロヘアが印象的だが、どこにでもいそうな共感たっぷりな主人公になりきった。物語では、夏帆ふんするマキちゃんとのウブなラブストーリーなども盛り込まれ、脱力系なコメディーに仕上がっている。

[PR]

 「田中がいろいろな人に相談しながら、なんとか女の子にアプローチしていくわけですが、僕も男子校だったので気持ちがわかるし、共感しかないくらい。男の馬鹿な部分や日常をうまくドラマチックに描いている作品だと思うので、“普通さ”が魅力だなと思います。実写化にはプレッシャーはありますが、そこには意味がなくてはいけないと思っていて。ドラマ『アフロ田中』では漫画では描かれない、感情の小さな揺れ動きを丁寧に描けることが強み。それを大事に繊細に表現しました」

(C) のりつけ雅春/小学館 (C) 2019 WOWOW

 そう語る賀来は、最近ではドラマ「今日から俺は!!」の主人公・三橋貴志役の熱演も記憶に新しい。「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」とのコラボレーションCMでは、遊戯王に憧れるサラリーマンをコミカルに演じるなど、コメディー俳優として第一線に立っている。ただ、今回の「アフロ田中」は「僕が今までやってきたコメディーとは、ちょっと違う」という。

[PR]

 「『今日から俺は!!』の場合は作りこみが必要なキャラクターだったので、一つギアを入れないといけなくて。なるべく本番までは静かにボーっとしていて、本番になったら一気にテンションを上げる感じでした(笑)。もちろん『アフロ田中』も笑える部分がたくさんあって、ジャンルでいえばコメディーです。ただ、僕自身は芝居の質としては、笑わせようというよりは、田中の一途さや一生懸命さを大事にしました。すごくピュアで、コンプレックスもあるけれど、すべてを全力でやる男だからこそ、それが自然に滑稽だったり悲しく見えたりすればいいなと」

 なんということのない日常を描く「アフロ田中」だが、賀来は「ありそうでなかった作品。だからこそ評価されたい」と語る。その言葉にはコメディーへの熱い思いがにじんでいる。

(C) のりつけ雅春/小学館 (C) 2019 WOWOW

 「僕としては『コメディーは素晴らしい』ということを少しでも広めたい思いがあるんです。『今日から俺は!!』のときに思ったのは、やっぱり世の中はコメディーを求めているんだなということ。単純に笑って楽しめるものが求められていることが知ることができて嬉しかったですね」

[PR]

 本気でコメディーをやりたいと思うようになったのは25歳くらいの頃だという賀来。出演した舞台での経験を通して、舞台人の先輩たちがとてもおもしろく「いつか自分もこうなりたい」と思ったのがきっかけだった。

 「人を笑わせる経験に勝るものはないと思います。映像作品だと笑ってもらえているかわからないですが、舞台なら直に伝わってくる。それを僕はお客さんとの“対決”と呼んでいて(笑)。笑ってもらうための真剣勝負でいかにヒットを打てるかがコメディーの経験値をあげることだと思います。そのなかで自信がついた。やっぱりお客さんに『ばちこーん!』とヒットする瞬間が一番気持ちいい(笑)」

 昔からコメディーが好きだったと語る賀来は、目指す地平も明確だ。「僕は外国のラブコメ映画が大好きなんです。たとえばジム・キャリーやアダム・サンドラーが出ているコメディーのように、まさにポップコーンを食べながら楽しめる作品が増えてくれたら嬉しいです。もっともっと日本でもコメディーの市民権が得られるように頑張りたいです。今後は僕としても自分発信でやれたらいいなとも思っています」。その熱い思いがどのようなかたちで実現していくのか、賀来の今後に期待が膨らむばかりだ。(編集部・大内啓輔)

WOWOWオリジナルドラマ「アフロ田中」は7月5日よりWOWOWプライムにて放送開始(毎週金曜深夜0時~全10話、第1話無料放送)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]