『東京喰種』窪田正孝&山本舞香、肉弾戦の舞台裏

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
『東京喰種 トーキョーグール【S】』メイキングより。カネキ役の窪田正孝(右)、トーカ役の山本舞香(中央) - (C)2019「東京喰種【S】」製作委員会(C)石田スイ/集英社

 石田スイの人気漫画を実写映画化したバトルアクションの続編『東京喰種 トーキョーグール【S】』(7月19日公開)で、主人公・カネキ(窪田正孝)とヒロイン・トーカ(山本舞香)によるアクションシーンのメイキング映像が公開された。

【動画】窪田正孝&山本舞香メイキング映像

 2017年に公開された第1作『東京喰種 トーキョーグール』で、不慮の事故により人間を捕食する種族・喰種(グール)とのハーフとなってしまった大学生・カネキ。続編となる本作では、引き続き人間と喰種の共存を目指すカネキが、彼に異常な執着を持つ美食家の喰種・月山習(松田翔太)と対峙することになる。

[PR]

空手黒帯を持つ抜群の身体能力をいかんなく発揮する山本舞香

 見目麗しい月山とカネキとの「恋愛映画」のようなドラマも話題だが、本シリーズの見せ場の一つが、喰種の捕食器官にして強力な武器にもなる赫子(カグネ)を使用した格闘シーンをはじめとするアクションシーン。今回公開されたのは、カネキが、ずば抜けた身体能力を持つトーカに武術を習う(しごかれる)場面の舞台裏だ。

 メイキング映像では、山本と窪田が和やかに殺陣の段取りを確認し合ったのち、スイッチが入ったかのようにシリアスな表情に切り替わり、蹴りやパンチをお見舞いするトーカと、攻撃をかわしつつも最終的には悲痛な叫びを上げる未熟なカネキを、それぞれ熱演。弱々しく見えるカネキだが、ジャンプを交えた鮮やかな蹴りも見られる。なお、トーカをはまり役で演じる山本は空手黒帯の持ち主で、運動神経抜群。これまで『Zアイランド』(2014)などでもクールなアクションシーンを披露している。(編集部・石井百合子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]