AV監督役の山田孝之、海外でMURANISHIと呼ばれたい!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
Netflixドラマ「全裸監督」で伝説のAV監督・村西とおるにふんした山田孝之

 俳優の山田孝之が24日、都内・豊洲PiTで行われたNetflixオリジナルシリーズ「全裸監督」ワールドプレミアイベントに登壇し、これまで『クローズZERO』の芹沢と呼ばれていた海外で、「今度は村西と呼ばれたい」と野望を語った。この日は満島真之介玉山鉄二森田望智伊藤沙莉冨手麻妙後藤剛範小雪リリー・フランキー國村隼石橋凌武正晴総監督らチームが集結。当初、登壇のめどがたっていなかった板尾創路も駆け付けた。

【動画】「全裸監督」イベントの様子

 本橋信宏のノンフィクション小説「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)を原作とする本作は、1980年代のアダルトビデオ黎明期を舞台に、AV業界の風雲児・村西とおる(山田)らが繰り広げる破天荒な青春群像劇。壇上に現れた山田は、村西監督の独特の口調を真似て「本日はお集まりいただき、ありがとうございます。『全裸監督』、8月8日より全世界独占配信でございます。本日は楽しんでいってください」とあいさつし、会場は大爆笑。さらにNetflixが世界190か国以上で配信されていることを受け「12年くらい前は海外で(『クローズZERO』の)芹沢と言われていたけど、この作品で村西と呼ばれたいと思います」と続けた。

[PR]

めっちゃ笑顔!時計回りに國村、石橋、リリー、冨手、小雪、満島、山田、玉山

 本作では、AV監督・村西とおる役の山田のなりきり演技が話題になっている。役作りのため村西本人と会い、2、3時間、話す様子を観察したという山田。「相手によってスイッチを切り替える人なので、メディアを通して見えるイメージだけじゃない部分もありました。でもカメラの前に立つとみんなの知っている村西さんに変わる。ですから全8話を通して感情移入しやすい人物になったかなと思います」と劇中で描かれる村西像を振り返った。

 また、サラリーマン時代の村西の上司・小野を演じた板尾は「ジャニーズ事務所の板尾創路です」とボケを飛ばし、挨拶。「僕は、(村西が)駄目サラリーマンの時に教育する役だったんですけど、(撮影の時には)その続きは観ていないんで、その豹変ぶりには驚きました。村西、こんなやつだったんかと」と劇中での村西の変貌に驚き。「小野さんが見ていたらビックリするんじゃないかと。だからムダな時代はないんです。ムダなことはない。つらいことが、お金の問題とか、いろいろあっての積み重ねですから。人生いいことばかりじゃないです」としみじみ語った。

[PR]

 一方の武監督は、「個人的には『全裸監督』の監督をやったと言えるのがいいなと思う」と上機嫌な様子で、「こうした難しい題材を『世界の人が観られる』ということに挑むことが出来た。そういうスタートを切れたんじゃないかなと思います」とコメント。さらに本作が女性へのリスペクトをベースに制作されていることを明かし、「出演されている女優陣が体を張って向かってくれた。女性として生き生きとして映るように考えながら作ったので、女性のお客さまにもぜひ、観ていただきたいなと思います」と呼びかけた。(取材・文:壬生智裕)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]