ADVERTISEMENT

「ジーニアス」シーズン3、題材が変更!

ソウルの女王アレサ・フランクリンさん(1992年撮影)
ソウルの女王アレサ・フランクリンさん(1992年撮影) - Paul Natkin / Getty Images

 シーズンごとに異なった題材を取り上げるナショナル・ジオグラフィック製作のアンソロジードラマ「ジーニアス」のシーズン3の題材が、「フランケンシュタイン」の女性作家メアリー・シェリーから、昨年8月に亡くなったソウルの女王アレサ・フランクリンさんに代わるとテレビ批評家協会(TCA)のプレスツアーで発表された。The Wrapなどが報じている。

【画像】シーズン2でピカソを演じたのはアントニオ・バンデラス

 「メアリー・シェリーを取り上げることに興奮をしていましたが、独創的に語る方法を見いだせなかったのが事実です」とナショナル・ジオグラッフィクのコートニー・モンロー社長はコメント。最高の形で作れないのであれば、やるべきではないと判断したという。

ADVERTISEMENT

 「ジーニアス」第3シーズンは2020年に米放送予定。脚本は劇作家で、映画『ネイティブ・サン ~アメリカの息子~』『ガール6』のスーザン=ロリ・パークスが手掛け、製作総責任者も務める。

 アレサさんを題材にした伝記映画『リスペクト(原題) / Respect』も始動しており、ジェニファー・ハドソンがアレサさんを演じることが発表されている。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT