木村拓哉主演の日曜劇場「グランメゾン東京」玉森裕太・尾上菊之助・及川光博・沢村一樹が出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
玉森裕太(Kis-My-Ft2)、尾上菊之助、及川光博、沢村一樹

 木村拓哉が主演を務める10月期のTBS日曜劇場(毎週日曜よる9時放送)のタイトルが「グランメゾン東京」に決まり、玉森裕太Kis-My-Ft2)、尾上菊之助及川光博沢村一樹の出演が明らかになった。玉森は事務所の先輩でもある木村とドラマ初共演となる。

【写真】天才シェフ役の木村拓哉&12年ぶり共演の鈴木京香

 同作は、かつてはパリに自分の店を持つも、どん底まで転落したフランス料理のシェフ・尾花夏樹(木村)が女性シェフ・早見倫子(鈴木京香)と出会い、もう一度シェフとして生き直し、世界最高の三ツ星レストラン「グランメゾン東京」と作り上げようと奮闘する姿を描くヒューマンドラマ。

[PR]

 玉森が演じるのは、フランスで尾花の弟子として働いていた平古祥平。出演にあたり玉森は「大先輩である木村さんとの初共演は、緊張と期待と素直にうれしいという気持ちです。でも、楽しみな気持ちが一番大きいです。木村さんとは現場に入ってからたくさんお話する機会があると思うので、いろいろとアドバイスをいただきたいと思います。役柄としては、最初は木村さん演じる尾花に冷たく対応するので、その演技は緊張します(笑)。ですが、しっかりと演じきりたいと思います」と意気込んでいる。

 木村と初共演となる尾上は、尾花の宿敵となるシェフ・丹後学を演じる。尾上は「昨年の『下町ロケット』から一年後にまたこの日曜劇場に帰ってくることが出来て嬉しく思います」とコメント。及川は平古と同様にパリ時代に尾花と共に働いていた相沢瓶人役。フリーの料理人として幅広く活躍する傍ら、フランス人妻との間にもうけた一人娘をシングルファザーとして育てているという役どころ。「僕自身はほとんど料理をしませんが、なぜか昔から“やればできる”と信じています(笑)。ちなみにハムエッグとナポリタンが得意です」という及川は、「それにしても今作はメンバーがすごい。たっくん(木村さん)&きっくん(菊之助さん)の演技バトルが楽しみですね。たまちゃん(玉森くん)との共演も久しぶり。さらに沢村さんも京香姉さんも……とワクワクが止まりません! 取り急ぎ、感性という心の包丁をしっかり研いでおきます!」とユニークに語っている。

[PR]

 沢村は、尾花と二人三脚でパリの店を二つ星レストランにした支配人・京野陸太郎を演じる。自分の才能の限界に気付き料理人を諦め、尾花がパリで店を立ち上げる際の共同経営者となるものの、尾花の失脚と閉店に伴い店の借金を背負って帰国。今では尾花のライバルである丹後がシェフを務める高級フレンチレストランでギャルソンとして働いている。沢村と木村は、スペシャルドラマ「宮本武蔵」(2014、テレビ朝日系)で宮本武蔵(木村)と佐々木小次郎(沢村)として対決し、「アイムホーム」(2015、テレビ朝日系)以来、約4年ぶりの共演となる。沢村は「シェフ尾花と尾花の才能に恋している京野、その関係性も作品の見どころだと思っています。木村さんは、どの引き出しを開けたらシーンが一番成立するのか、アイデアをたくさん持っている方。今回の共演も非常に楽しみにしています。星を狙うレストランの舞台裏というのは、皆さんが今まで感じたことのない視点なのではないかと思います。レストランを作る大変さとその中にある情熱を、日曜の夜に皆さんに伝えられるよう、スタッフ・出演者一同、力を合わせて思い出に残るような作品にしたいです」と思いを明かしている。(清水一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]