『ゾンビランド:ダブルタップ』11.22日本公開!オリジナルキャストが再結集!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
『ゾンビランド:ダブルタップ』ポスター画像

 『ヴェノム』のルーベン・フライシャー監督が手掛ける、大ヒットゾンビコメディー映画の続編『ゾンビランド:ダブルタップ』の日本公開日が11月22日に決定し、ジェシー・アイゼンバーグウディ・ハレルソンエマ・ストーンアビゲイル・ブレスリンら、オリジナルキャストが再結集した日本版ポスターと予告編が公開された。

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』日本版予告編

 前作『ゾンビランド』(2009)は、ゾンビパニックにより荒廃した世界で、「生き残るための32のルール」に従いサバイバルしてきたオタク青年コロンバス(ジェシー)が、仲間と共にゾンビがいないといわれる遊園地を目指する姿を描いた作品。『ダブルタップ』は10年ぶりの続編となり、コロンバス、タラハシー(ウディ)、詐欺師姉妹のウィチタ(エマ)、リトルロック(アビゲイル)ら、懐かしの面々が勢ぞろいする。

[PR]

 2019年の地球では、人類のゾンビ化がさらに進行し、“ファミリー”の4人も、さらにパワーアップさせたルールにのっとり奮闘中。予告編では、当時と変わらぬコロンバスとタラハシー、ウィチタ、そして、見違えるほど成長したリトルロックが「ルールさえ守れば何でもアリ!」とばかりにゾンビをなぎ倒すさまが映し出される。

 おなじみのメンバ-に加えて、新たな生存者と思われる女子も登場し、なぜかプレスリー化したタラハシーまで登場。果たして、どんな新展開が待っているのか? 前作に続き脚本を手掛けるレット・リースポール・ワーニックも、今や『デッドプール』の脚本コンビとして売れっ子に。10年を経てパワーアップしたキャスト・スタッフによって、新たな冒険が描かれる。(編集部・入倉功一)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]