『おっさんずラブ』金子大地、撮影現場でも後輩キャラ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
マロ役で注目の金子大地

 田中圭主演の大人気ドラマ「おっさんずラブ」で、軽口の多いイマドキの若者社員・栗林歌麻呂(愛称マロ)を生き生きと演じた俳優の金子大地。態度はでかいが営業成績は良く、どこか憎めない末っ子後輩キャラで、ファンの心をわしづかみにした。『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』では、憧れの年上女性・蝶子(大塚寧々)との恋の行方も大きな見どころ。「マロの純粋さに共感する」という金子が、本作への思いと共に、キャスト陣との関係性についても語った。

【写真】浴衣姿のキャストたち

 待望の映画化が決定した際、「ドラマの反響がとにかく大きかったので、何かやるんじゃないかなとは思っていましたが、映画化されると聞いたときは、またマロを演じられることが素直にうれしかったですね」と声を弾ませる金子。「今回は、マロと蝶子さんとの関係性がより濃厚に描かれているので、 LOVEの部分でも楽しんでいただけるはず」と劇場版への期待をあおる。ただ、撮影自体は大変だったようで「本作のクランクインが、ほかの作品のクランクアップの翌日だったので、頭の切り替えにはすごく苦労しました。1年ぶりということもあって、入り込むまでに少し時間がかかりました」。

[PR]

 若さゆえのぶしつけさが目に付くものの、どこか憎めないマロ。「彼のなかにある純粋さに惹かれた」という金子は「ドラマが始まったとき、それをなるべくダイレクトに出していこうという思いがありました」と役づくりを述懐。「子供っぽく見えるかもしれないけれど、大人になると、いろいろなしがらみがあって、マロのように思ったことを素直に口にすることができなくなる。それが言えてしまうのも、(マロたちが働く)天空不動産の愛のある環境があるからこそだと思うんです。劇場版でもそういう姿を見せられたら」と笑顔で語る。

 また、マロと同じく、キャストの中で1番年下の金子は、後輩キャラとしてイジられることも多いのだとか。「撮影現場では、とにかく先輩方のお芝居が面白すぎて、つい見入ってしまうんですが、ときどき圭さんたちから『何かやってみてよ』って振られることがあって(笑)。『どんどん好きにやっていいから』と背中を押してくれるので、今回も楽しみながら、自由にスクスクと、マロを演じさせていただきました」とニッコリ。金子自身、いったん心を開くと、「大好きな先輩に甘えるタイプ」だそうだが、「ただ、僕は先輩に対してあんな生意気な態度は絶対に取らないですよ! そこは大きな違いですね(笑)」と強調していた。(取材・文:坂田正樹)

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]