広末涼子、死体で発見されるヒロイン役 賀来賢人主演10月期ドラマで刑事に

日本テレビ系10月期ドラマ「ニッポンノワール ー刑事Yの反乱ー」でヒロインを演じる広末涼子
日本テレビ系10月期ドラマ「ニッポンノワール ー刑事Yの反乱ー」でヒロインを演じる広末涼子

 女優の広末涼子が、賀来賢人主演の日本テレビ系10月期ドラマ「ニッポンノワール ー刑事Yの反乱ー」(毎週日曜夜10時30分~放送)でヒロインを務めることが28日、同局より発表された。広末が演じるのは、冒頭で遺体として発見される刑事。「私、死ぬ役が多い気がします(笑)。いつも、面白い作品に関わりたいと思っているので、生きているか死んでいるかは全然気になりませんが、今回はインパクトありますよね」とコメントしている。

 本作は、数か月の記憶をなくした主人公・遊佐清春(賀来)が、自身の隣で死亡していた女性刑事、そして未解決の十億円強奪事件の真相に迫っていくミステリー。広末演じる刑事・碓氷薫は冒頭で遺体として発見され、回想シーンの中で登場。遊佐が真相に近づくにつれ、彼女の過去やかかわりのあった人々が浮かび上がっていく。

 広末にとって連続ドラマの出演は、動物看護士にふんした「僕とシッポと神楽坂」(2018・テレビ朝日系)以来、約1年ぶり。本作で演じる碓氷は、類まれな容姿と優秀な捜査能力から「捜査一課のマドンナ」とも称された人物。遊佐らが所属する新設班の班長を務める一方、9歳の息子を持つシングルマザーでもある。

[PR]

 広末は、これまでにもドラマ「ウロボロス ~この愛こそ、正義。」(TBS系・2015)で殺人事件の被害者にふんしたほか、映画やドラマで死にゆくヒロインに。2011年に放送された宮藤官九郎脚本のドラマ「11人もいる!」(テレビ朝日系)では幽霊となって現れる元ストリッパーの母親というキャラクターを好演していた。

 広末は、本作のオファー時を「『かなり、おもしろそう!』というのがこのドラマの話を聞いた時の第一印象です」と振り返り、「“定番”や“ありがち”という印象が全くなく、私も刑事ものはほぼ初めてですし、『今日から俺は!!』と同じ枠で賀来さんが前回とイメージをひっくり返すような役を演じてくださるし、すごく挑戦的だと思いました」と期待を寄せている。(編集部・石井百合子)

「ニッポンノワール ー刑事Yの反乱ー」は日本テレビ系で10月期毎週日曜夜10時30分~放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]