眼福!田中圭『記憶にございません!』腕まくり警官姿がワイルド

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
警官役の田中圭 - (C) 2019フジテレビ 東宝

 三谷幸喜監督4年ぶりの新作映画『記憶にございません!』(9月13日公開)で、警官役の田中圭がシャツの袖をまくってたくましい腕を露出するなど、ワイルドな姿を見せている。

【写真】田中圭の腕まくり警官姿がいっぱい!

 『記憶にございません!』は、映画監督作品8作目となる三谷監督によるオリジナルの政界コメディー。支持率2.3%の不人気総理大臣・黒田啓介(中井貴一)が一般市民から石を投げられ頭に当たり、記憶喪失になったことから巻き起こる騒動を描いている。

[PR]

 主演の中井のほか、首相秘書官・井坂役のディーン・フジオカ、黒田総理の妻・聡子役の石田ゆり子、政界を牛耳る官房長官・鶴丸大悟役の草刈正雄、フリーライター・古郡役の佐藤浩市

 そのほか、総理を支える事務秘書官・番場のぞみ役の小池栄子、官邸料理人・寿賀さん役の斉藤由貴、米初の日系女性大統領スーザン・セントジェームス・ナリカワ役の木村佳乃、野党第二党の党首・山西あかね役の吉田羊など、実力派キャストが集結している。

 田中が演じるのは、記憶を失くした黒田総理を保護する職務熱心な警官・大関平太郎。制服の着こなしや鍛え上げられた腕などから野性味あふれる印象で、どこか抜けた感じのキャラクターも憎めない。子供の頃からSPになるのが夢だったという役どころで、田中ふんする大関が作品に彩りを添えている。

 三谷監督は、舞台「江戸は燃えているか」で三谷作品に参加したことのある田中に「いつか警官役をやらせたかった」と語っており、本作で実現した形となった。(編集部・小松芙未)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]