「時効警察」謎の新キャラ、そーぶさんの正体判明!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「時効警察はじめました」新マスコットキャラのそーぶさん - (C)テレビ朝日

 オダギリジョー主演の人気ドラマシリーズ12年ぶりの続編となる「時効警察はじめました」公式Twitterで、7月6日に出現した謎のキャラクターの正体が判明した。9月5日、同Twitterの投稿で明らかになった。

【写真】「時効警察」初のSPドラマのゲスト

 本作は、総武署・時効管理課の霧山修一朗(オダギリ)が、交通課の三日月しずか(麻生久美子)を相棒に、時効になった事件を“趣味”で捜査する脱力系コメディーのシリーズ第3作。7月6日に同ドラマのTwitterで、開設から1日で2万人フォローの反響を告げる投稿に「そーぶさん」なるキャラクターが出現。「追伸 おいおい、この方(添付)に関するご説明・ご紹介もいたしますので、しばしお待ちを」と予告されていた。ブルーの体に赤い頭頂部、愛くるしいつぶらな瞳を持ちながら、メタボ体形というトボけたビジュアルだ。

[PR]

 これを見たファンたちは、前シリーズに登場した総武署のマスコットキャラ「そーぶくん」(ブルーの体とつぶらな瞳は似ているが、頭頂部はオレンジ色で触角のようなものが生えている)を引き合いに出し、彼の歳を重ねた姿ではないかという憶測が飛び交っていた。

 しかし、9月5日に投稿されたTwitterによると彼は「時効警察はじめました」総武警察署のキャラクター、そーぶさん。「遠い昔、僕と似てるキャラクターがいたらしいけど、全くの別人なんでよろしくだそーぶ。彼が太ったというわけではないので注意してほしいそーぶ」とのこと。続けて「ドラマのセットや小物にも、僕が出てくるので、探してみてほしいそーぶ」と呼び掛けている。ちなみに、本キャラクターを担当したのはデザイナーの久渡明日香。

 前シリーズの「そーぶくん」は、第2シーズン「帰ってきた時効警察」の第8話「今回、三日月が大活躍する理由は深く探らない方がいいのだ!」(オダギリジョー監督・脚本)で、ケガで入院した霧山が着用していたトレーナーなど、そこかしこに登場。ふんだんにちりばめられた小ネタも人気の本シリーズで、新たに誕生した名(迷)キャラの活躍(!?)に期待したい。(編集部・石井百合子)

「時効警察はじめました」は10月スタート、テレビ朝日系毎週金曜夜11:15~深夜0:15放送※一部地域を除く

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]