ADVERTISEMENT
小学生には助言・指導が必要

ぜんぶ、ボクのせい (2022)

2022年8月11日公開 121分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ぜんぶ、ボクのせい
(C) 2022『ぜんぶ、ボクのせい』製作委員会

見どころ

それぞれに孤独を抱えた人々の交流と、一人の少年の成長を描いたドラマ。監督・脚本を『日本製造/メイド・イン・ジャパン』『Noise』などの松本優作が務めた。主人公をオーディションで選ばれた『とんび』などの白鳥晴都、家や学校に居場所を見いだせない少女を『ある船頭の話』などの川島鈴遥、ホームレスの男を監督としても活動する『オーバー・フェンス』などのオダギリジョーが演じる。

あらすじ

児童養護施設で母の迎えを待ちながら生活している優太(白鳥晴都)は、あるとき母の居場所を知り施設を抜け出すが、男に依存して自堕落な生活を送る母の姿に衝撃を受ける。当てもなく海辺をさまよっていたとき、軽トラックで暮らすホームレス状態の坂本(オダギリジョー)と出会う。彼は何も聞かず優太を受け入れ、やがて二人は寝食を共にするようになっていく。一方優太は、裕福な家庭に育ちながらどこにも居場所がない少女・詩織(川島鈴遥)とも知り合い、彼女と心を通わせていくが、ある事件によって状況が一変する。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
3

1

関連記事

もっと見る »

ADVERTISEMENT

キャスト

スタッフ

監督・脚本
エンディングテーマ
製作・プロデューサー
製作
アソシエイトプロデューサー
ラインプロデューサー
撮影
照明
録音
美術
衣裳
ヘアメイク
音楽プロデューサー
編集
助監督
制作担当
スチール

映画詳細データ

製作国
日本
製作・配給
  • ビターズ・エンド
製作・制作プロダクション
  • スタイルジャム
技術
カラー
(新宿武蔵野館ほか)
リンク
公式サイト

おすすめの映画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT