吉沢亮、ビックリ仰天!あいみょんが歌う主題歌と知らずに歌唱

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「どういうこと!? ってなりました」と驚きを語った吉沢亮

 俳優の吉沢亮が17日、都内で行われたアニメーション映画『空の青さを知る人よ』ブルースカイプレミアに登壇。あいみょんが歌う主題歌「空の青さを知る人よ」と知らずに同曲を歌ったという収録中の出来事を明かし、予告を観てそれがわかったときの衝撃を語った。この日は、吉岡里帆若山詩音落合福嗣大地葉種崎敦美松平健長井龍雪監督も来場した。

吉沢亮、とびきりスマイル!【イベント写真】

 『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』で知られるクリエイターチーム「超平和バスターズ」によるアニメーション映画。ミュージシャンを夢見る女子高生・あおい(若山)、亡き両親の代わりに彼女を育てる姉・あかね(吉岡)、音信不通だったあかねの元恋人で売れないギタリストの慎之介(吉沢)、過去からやってきた18歳の慎之介=通称“しんの”(吉沢一人二役)が織り成す不思議な四角関係を描く。

[PR]

 オーディションで役を勝ち取り、アニメーション声優に初挑戦した吉沢は、初めて本作が一般客の目に映ることに、「ドキドキです。皆さんがどんな反応をするのか不安もありますが、楽しみで仕方がないです」とコメント。もともと、長井監督が手がける作品のファンのため、「参加させていただいたことは光栄なこと」と喜びながらも、「作品の邪魔をしてはいけないというプレッシャーもありました」と打ち明ける場面もあった。

 また、慎之介の18歳と31歳を演じた吉沢は、「(声優)初にしてはハードルが高かった」と苦笑い。「(役者と違い、声優は)表情や仕草で伝えられない分、どこまで声に感情を乗せられるか」が重要だったことを明かし、「普段の5~6倍のテンションで芝居をしている感覚で、今までにないくらいはっちゃけたりしました」と振り返った。さらに、自分の声を録音して聞いたところ、想像通りの声が出ていないこともあったそうで、「いろんな発見がありました。大変だったけど、楽しかったです」と充実ぶりをのぞかせた。

 歌唱にも挑戦した吉沢は、男性が歌っている音源を聞いて練習したものを「そのまま(本番で)歌った」そうで、「まさかあれが、あいみょんさんが歌っている主題歌だと知らなくて、しばらく経って予告を観たら、あいみょんさんがあれを歌っていて、どういうこと!? ってなりました。これ主題歌? 先、言って! みたいな。びっくりしました」とぶっちゃけ。しかし、「知っていたらプレッシャーで歌えなかったかもしれない」とも語ると、「その緩さがちょうどよかった」と安心した表情も見せていた。

 そんな吉沢の声優ぶりについて、長井監督は「(不安を口にしているが)何をおっしゃる? という感じですね。堂々とメインを張っていただきました。これから観られる方は本当に驚かれると思うので、心の準備をしておいていただきたい」と呼び掛けていた。(取材:錦怜那)

映画『空の青さを知る人よ』は10月11日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]