西島秀俊&西田敏行主演『任侠学園』続編への期待 監督&キャスト盛り上がる

左から伊藤淳史、西島秀俊、西田敏行、中尾彬
左から伊藤淳史、西島秀俊、西田敏行、中尾彬

 西島秀俊西田敏行が主演を務める映画『任侠学園』の初日舞台あいさつが27日に都内で行われ、西島、西田をはじめ、共演の伊藤淳史中尾彬木村ひさし監督、今野敏(原作)が登壇。口々に続編を求め、初日にも関わらず、会場はシリーズ化への期待感であふれていた。

イベントの様子【動画】

 今野の人気小説「任侠」シリーズの一作「任侠学園」をもとにした本作は、社会奉仕がモットーのヤクザ“阿岐本組(あきもとぐみ)”が、義理と人情を武器に、経営難に陥った高校の再建に挑む姿を描くコメディー。西田が阿岐本組の組長に、同組のメンバーに西島、伊藤。中尾は、インチキ臭い永神組組長にふんする。

[PR]

 組長に振り回される阿岐本組の兄貴分・日村役の西島は「みなさんにどう楽しんでいただけるのか(を考えると)、今日はずっと緊張している」と言いつつも、「撮影期間中、それが終わっても、1年間、このメンバーでしょっちゅう集まって話をするくらい団結力のあるチームだったので、初日を迎えられて胸がいっぱいです」と笑顔であいさつ。

 一方、組長にふんする西田は「有料のお客さまですよね?」と確認すると、「こんなにうれしいことはございません。こんなにたくさん入っていただいたってことは、評判がよければシリーズになるかもしれません。みなさんのお力を借りてシリーズ化に向けて頑張りたいと思います」と意気込み。続く伊藤も「シリーズ化して続編作る気満々」と気合いを見せると、中尾も「映画を観て一番悔しかったのは西田が歌っていること。シリーズになったら今度はわたしが歌います」と宣言。さらに木村監督までもが「僕の中だけでは続編は決まってますので、あとはみなさん次第です」と拍車をかけ、ファンの期待をあおった。

 中尾がうらやむ歌とは、西田が東京スカパラダイスオーケストラとコラボして歌った尾崎紀世彦の名曲「また逢う日まで」のことで、西田は「わたしは過去、紅白に3回出てましてね。俳優というより歌手といっていただいた方がいいと思います」と誇らしげに話すと、「中尾さんは“歌う俳優”という立場でおっしゃったんでしょうけど、わたし完全に“歌手”なんでね。ちょっとレベルが違う」とぶっちゃけ、会場の笑いをさらった。加えて、「満員御礼が続いて、ごあいさつに伺ったときには歌いたいと思いますので、何度もおいでくださいませ」と約束し、観客から盛大な拍手を浴びた。

[PR]

 共演者が口々に続編を希望するも、そのためには多くの観客に映画館に足を運んでもらうことが大事で、伊藤はプロモーション期間中、宣伝に力を入れる西島から「おまえ、宣伝する気持ちが足りねーぞ。反省だ!」と愛のあるダメ出しをくらったことを告白。その西島は「愛情込めて作った作品です。阿岐本組、不良高校生に会いたいと思っていただけたら、またぜひ劇場に来ていただければ、僕たちはずっと待っています」と心を込めて呼び掛けていた。(取材:錦怜那)

映画『任侠学園』は全国公開中

西島秀俊、撮影中の“反省会”で飲みすぎ!?「半分くらい覚えてない」映画『任侠学園』初日舞台あいさつ » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]