玉城ティナ、伊藤健太郎に墨汁をぶっかけ…『惡の華』メイキング映像!

伊藤健太郎、いい笑顔 - (C) 押見修造/講談社 (C) 2019 映画『惡の華』製作委員会

 伊藤健太郎玉城ティナが共演する映画『惡の華』より、玉城が伊藤に墨汁を浴びせる姿など、撮影の舞台裏を捉えたメイキング映像が公開された。

伊藤健太郎&玉城ティナ、撮影の合間はほのぼの『惡の華』メイキング映像

 累計発行部数300万部を記録する押見修造の人気コミックを原作とする本作は、男子中学生の鬱屈とした青春と行き場のない衝動を描く物語。主人公の春日を伊藤、彼に自分と通ずるものを見出して執拗につきまとう問題児の仲村を玉城が演じる。今回公開された映像では、物語で重要な役割を担う、夜の教室での撮影現場の様子が収められている。

[PR]

 映像は伊藤がスタッフから手持ちカメラを受け取るところからスタートすると、本番前のリハーサルに挑む玉城の姿が映し出される。そして、玉城がビニール袋を被ったスタッフに墨汁を浴びせる演技を難なくこなし、伊藤から「さすが! やり慣れてる!」という声が。それを受けて茶目っ気たっぷりにおどける玉城の表情から、撮影の合間のリラックスした雰囲気を感じるができる。その後は、玉城から「頑張れ!」とエールをもらった伊藤が気合いを入れて集中力を高めつつ、本番に臨んでいる。

 本作の監督を務めたのは、映画『片腕マシンガール』『覚悟はいいかそこの女子。』などの井口昇。キャストには伊藤と玉城のほか、秋田汐梨飯豊まりえなどが名を連ねる。(編集部・大内啓輔)

映画『惡の華』は公開中

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]