「3年A組」の堀田茜、初主演映画に自信!

初の映画主演!堀田茜
初の映画主演!堀田茜

 ドラマ「家政夫のミタゾノ」「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」などに出演してきた女優の堀田茜が、5日に都内で行われた初主演映画『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』公開記念舞台あいさつに登壇、恋愛アプリゲームが原作のため「挑戦でした」と話す堀田の顔には充実感があふれていた。

稲葉友、西銘駿らイケメンずらり【写真】

 本作は、嘘をついている男性を見抜く恋愛アプリゲームを映画化した恋愛ミステリー。婚活パーティーに参加したヒロインが、男性たちのうそを暴きながら真実の愛を見つけようと奮闘する。この日は、稲葉友西銘駿岩永徹也佐伯大地三津谷亮藤田富水石亜飛夢永山たかし久保田悠来永江二朗監督も来場した。

[PR]

 堀田は、「すごく緊張しておりますが、『ダウト』の内容と同じくらい個性豊かなメンツがそろっているので、絶対楽しい会になること間違いなしです」と笑顔であいさつし、「公開の実感はわかないんですけど、楽しんでもらえると自信を持って言えます」とアピール。稲葉も「初日はやっぱりすごくうれしいものです」と喜ぶと「みなさんに観てもらってやっと映画になるので、どんどん広まっていったらうれしいです」と願いを込めた。

 お気に入りのシーンの話に及ぶと、永山は「(堀田に男性)それぞれビンタされるところかな。僕はうれしかったです」とにっこり。イベント冒頭で「邪魔することなく円滑に進めるように努めたいと思います」と淡々と話していた久保田は、簡単に約束を破ると「堀田さんと最後、ガッツリと相撲をとれたところです」と妄想トーク。キャスト勢から「ダウト!」と声があがると、永江監督も「久保田さんのあとはいつもすごいやりづらい」と苦笑いしていた。

 パートナーに求める絶対に譲れない条件を問われると、堀田は「いっぱいあるんですけど、笑いのツボが合う人。くだらないことでケラケラ一生笑っていたい」と返答。西銘は「筋肉質な人はアレですし、声とか雰囲気もすべて柔らかい人がいいです」と女性らしさを求めていることを明かした。

[PR]

 そして、問題の久保田は「人間って中身だと思うんですよ。その中で年収2億以上の人がいいですね」とキッパリ。言いたい放題の久保田の暴走は止まらず、稲葉からは「フォトセッション中、久保田さんにずっとおしりを触られていたことを報告します」と告発される場面も。堀田が予告した通りの「楽しい会」となり、会場は終始笑いに包まれていた。(取材:錦怜那)

映画『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』はシネ・リーブル池袋ほか全国順次公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]