今夜放送!「まだ結婚できない男」変わらない魅力と見どころは?

桑野信介の日常再び「まだ結婚できない男」

 偏屈だけど憎めない独身男を阿部寛が演じた人気ドラマの続編「まだ結婚できない男」(フジテレビ/カンテレ)が今夜9時からスタートする。前作から13年を経て、時代が令和へと移行した今、続編にはどんなメッセージが込められているのか。新シリーズの見どころと共に、米田孝プロデューサーが語った。

【画像】桑野の一人焼き肉「まだ結婚できない男」フォトギャラリー

 腕はいいのに頑固で皮肉屋なのが玉に瑕の建築家・桑野信介(阿部)。料理・洗濯・掃除の全てにこだわり、自宅マンションで趣味にふけるのが大好き。「結婚なんてメリットがない」と独身生活を満喫する桑野の姿は、“おひとりさま”という呼称もなかった2006年当時、未婚に対するイメージを一変させた。それから世の中は未婚化・晩婚化が進み、ライフスタイルも多様化。続編では、13年たっても独身生活を謳歌している、変わらぬ桑野の姿が描かれる。

[PR]

 桑野を取り巻く人々にも13年前と同じキャストが集合。桑野のアシスタントだった村上英治(塚本高史)、桑野の母・桑野育代(草笛光子)、桑野の妹・中川圭子(三浦理恵子)、圭子の夫で桑野の良き理解者でもある中川良雄(尾美としのり)、桑野といつもケンカしていた大工の棟梁(不破万作)など、彼らと桑野のユーモアあふれるやり取りも前作のままだ。

 「阿部さんも、すっと桑野に入られた感じでしたが、塚本さんや尾美さんと一緒との撮影では、昨日まで(前作を)撮っていたんじゃないかっていうくらい自然で。何の違和感もなかったですね」(米田プロデューサー)

 一方、第1話では、弁護士のまどか(吉田羊)、隣人の早紀(深川麻衣)、カフェ店長の有希江(稲森いずみ)など、新キャラクターと桑野の出会いも描かれる。彼女たちとの出会いをきっかけに、再び変化を見せはじめる桑野の日常。前作の早坂夏美(夏川結衣)やみちる(国仲涼子)に代わる新キャストについて、米田プロデューサーは「続投をいただいている皆さんは、家族であったり、桑野が桑野として生きるうえで変わらない人たちなんです。それ以外の皆さんは、人との新しい出会いで桑野がどう変わっていくのかを描くために一新しました」と明かす。

[PR]

 ちなみに、桑野がずっと住んでいるマンションのセットも、前作をほぼ再現。「小道具なんかも美術の皆さんが頑張って探してきてくれたり、当時のまま残っているものもあったりしました。もちろんリニューアルしている部分もありますが、ダイニングの大きなテーブルや、ソファ横のライトなどは前と全く同じ物です」

 前作と違ったことといえば、桑野のような生き方は今や当たり前になったことだと言えそうだ。「みんなで冗談交じりに『時代が桑野に追いついてきている』という話はしていました」という米田プロデューサー。しかし、本作の魅力は変わらない。「現代の結婚観などは意識していないんです。前作も、社会に一石を投じるつもりで作ったドラマではないですから。桑野というちょっと特殊な生き方をしているような人も、結局は他人と関わり合いをもって生きていく。そのなかで彼がどう変わっていくのか、または変わらないのかを観ていくドラマなので、いろんなことが変わってもそこは普遍的なものだと思っています」。(編集部・入倉功一)

ドラマ「まだ結婚できない男」(フジテレビ/カンテレ)は毎週火曜 午後9時放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]