玉森裕太、木村拓哉からの名前呼びに「心拍数が上がります」

TBS10月期日曜劇場「グランメゾン東京」で木村拓哉と共演する玉森裕太

 Kis-My-Ft2玉森裕太が16日、都内で行われたTBS10月期日曜劇場「グランメゾン東京」(10月20日、夜9時スタート)制作発表会見に主演の木村拓哉らと共に出席し、事務所の先輩である木村から「裕太」と呼ばれていることに「言われるたびに心拍数が上がっちゃいます」と照れ笑いを浮かべていた。イベントには鈴木京香尾上菊之助及川光博沢村一樹も出席した。

【写真】会見の様子

 本作は、かつてはパリに自分の店を持ちながら、どん底まで転落した型破りなフランス料理のシェフ・尾花夏樹(木村)が女性シェフ・早見倫子(鈴木)と出会い、再起を懸けて世界最高の三つ星レストランを作り上げようと奮闘する物語。

[PR]

 玉森は、パリで尾花の弟子として働き、現在は日本の一流ホテルで最年少の料理長を務める平古祥平(ひらこ・しょうへい)を演じているが「普段から料理をする方ではないので、どうやったら手馴れている感が出せるのかと考えました。できるだけ包丁やフライパンに触り、不自然じゃないようになるまで馴染ませました」と準備には余念がなかったという。

 そんな玉森は、料理研究家役の及川から「オムレツうまかったよね」とねぎらわれると、「すごく緊張しました。焼き色をつけてはいけなかったり、シワが寄ってもいけなかったり」と撮影中の苦労を明かしつつも、嬉しそうな表情。

 また視聴者から「キャストたちが普段何と呼び合っているのか」という質問が投げかけられると、木村は「現場では役名ですが、普段はあだ名かな」と回答。鈴木は「きょうちゃん」、尾上は「きくちゃん」などの愛称で呼んでいると言い、話題は玉森に。木村が「僕は裕太って呼んでますね」とサラリと言うと、玉森は照れくさそうに木村を見つめ「(木村に)裕太って呼ばれるたびに心拍数が上がるんです」と発言。それを聞いた沢村や及川も追い打ちをかけるように「裕太」と連呼し、会場を沸かせていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]