クセになる!ディーン・フジオカ「シャーロック」にハマる人続出

ディーン・フジオカ、とにかくイケメン 「シャーロック」第3話より - (C) フジテレビ

 ディーン・フジオカが主演を務めるドラマ「シャーロック」(フジテレビ系・月曜よる9時~)にハマる人が続出。「クセになる!」と反響を呼んでいる。

【画像】ディーン&岩田剛典がイケメンすぎ!第3話場面カット

 世界的に有名なミステリー小説「シャーロック・ホームズ」を基にした本作は、令和の東京を舞台に、犯罪捜査専門のコンサルタント・誉獅子雄(ディーン)が、警察や個々のクライアントから舞い込む依頼のなかから、興味のあるものだけを請け負い、華麗に事件を解決していく。

[PR]

 “天才”の獅子雄は、出会って間もない医師・若宮潤一(岩田剛典)の家に乗り込み、勝手に同居をスタートさせてしまうなど自由気まま。14日放送の第2話では、仕事を辞めた若宮に対して、「俺の助手をやれ」と宣言し、事件解決のために無茶ぶりをしまくっていた。

 若宮や警部・江藤礼二(佐々木蔵之介)、江藤の部下・小暮クミコ(山田真歩)など、周囲の人々を振り回す自由人な獅子雄をディーンが好演。本作でディーンは、ボクシング、変装、バイオリン演奏などシャーロックを彷彿とさせるようなシーンに挑戦。黒いロングコートをなびかせ、一風変わった人物になり切ったディーンについて「とにかくイケメンすぎる」とSNS上にコメントが続出した。

 また、予想のつかない獅子雄の言動、毎回お湯をかけられる若宮など、登場人物たちの一挙手一投足にツッコミを入れつつ、楽しみながら視聴する人が数多く見受けられた。獅子雄と若宮の凸凹コンビっぷりや、獅子雄と江藤の奇妙な関係性など「クセになりそう」「面白い」「ハマる」といった声も上がっている。

 この「クセになる」演出を手掛けるのは、中毒性がすごいと反響を呼んだディーンの主演作「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」(2018)で演出を担当した西谷弘野田悠介永山耕三。彼らが、今後ディーンや岩田、佐々木のどんな姿を見せてくれるのか期待したい。

 ほかにも、ゲスト出演者である松本まりか菅野美穂の怪演も話題となっており、今後どんな豪華キャストがゲスト出演するのか楽しみだ。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]