A.B.C-Z、映画初主演!『オレたち応援屋!!』来年公開をサプライズ発表

5人そろって映画の主演を務めるのは初!A.B.C-Z
5人そろって映画の主演を務めるのは初!A.B.C-Z

 アイドルグループA.B.C-Zが映画初主演を務めることが、26日に行われたABC座の「ジャニーズ伝説2019」公演後の特別カーテンコールにてサプライズ発表された。A.B.C-Zが5人そろって映画の主演を務めるのはこれが初めてで、タイトルは『オレたち応援屋!!』。2020年に公開される。

映画初主演に喜び!A.B.C-Z【写真】

 カーテンコールの際、幕で覆われたパネルが登場したり、突然多くの報道陣が入場したりしてきてざわつく会場。そんななか、再びステージにA.B.C-Zが現れ、「A.B.C-Z初主演映画『オレたち応援屋!!』2020年ROADSHOW」のパネルがお披露目されると、割れんばかりの歓声と拍手が鳴り響いた。

[PR]

 河合郁人は「2016年に『株式会社応援屋!!』の舞台をやりましたけど、それをリニューアルして、『オレたち応援屋!!』ということで映画化されることが決定いたしました」と報告し、「ABC座から映画化になったのは初めて。2020年にロードショーしますので、みなさんぜひよろしくお願いします」と呼び掛けた。

 塚田僚一は「脚本家の方が今有名な『おっさんずラブ』を手掛けた徳尾浩司さん」と紹介。河合は「徳尾さんは『PLAYZONE』でもお世話になっているので、A.B.C-Zのためならお金いらないからって(言っていた)」と話し、会場の笑いを誘った。

 映画『ホーンテッド・キャンパス』の竹本聡志監督がメガホンをとる本作は、A.B.C-Zが単独で座長を務めるABC座の2016年の舞台「ABC座2016 株式会社応援屋!! ~OH&YEAH!!~」を原案にしたエンターテインメント映画。依頼人からの要望によってさまざまなことを全力で応援する株式会社「応援屋」が存在する世界観はそのままに、キャラクター設定などは一新。人々の夢を応援することに喜びを感じ、日本中に笑顔を届けることを生きがいとしながら自らも成長してゆくストーリーが、映画ならではのテンポ感で展開する。(取材:錦怜那)

映画『オレたち応援屋!!』は2020年に公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]