堤真一、討ち入り姿で大石内蔵助の墓参り 心の中では恐縮しきり

大石内蔵助役の堤真一、討ち入り姿でヒット祈願!
大石内蔵助役の堤真一、討ち入り姿でヒット祈願!

 堤真一岡村隆史が11日、泉岳寺で行われた映画『決算!忠臣蔵』の大ヒット祈願イベントに中村義洋監督とともに来場。新たなイメージの大石内蔵助を演じた堤は、内蔵助の墓を訪れた際に「申し訳ございません」と心の中でつぶやいたことを明かした。

【写真】堤真一&岡村隆史、忠臣蔵の聖地でヒット祈願!

 本作は、実際に残された決算書をもとに、討ち入り計画の実像をお金の面から描いた時代劇。イベントが実施された泉岳寺は、赤穂義士四十七士の墓所として知られる“忠臣蔵の聖地”で、足を運ぶファンも多い。この日、討ち入り装束にふんした堤と岡村は浅野内匠頭の墓前で大ヒットを祈願し、本堂前にてトークイベントを行った。

[PR]

 堤は「この格好でお参りをしてきました。(映画では)今までの大石内蔵助のイメージとは全く違うものだったので、内蔵助さんのお墓の前を立ったときに『申し訳ございません』と心の中で呟きました。たくさん写真を撮っていただいておりますが、(大石内蔵助が)写っていたら教えてください」と冗談めかし、会場を沸かせた。続けて、装束について「この手っ甲は萬屋錦之介さんも着ていたもので、こちらの火事兜も歴代の先輩方が身につけていたんです」と誇らしげに語った。

 一方、時代劇初挑戦となる岡村は「ムービースターの岡村です」とあいさつ。「このような衣装を着させてもらって身の引き締まるような思いです」と晴れやかな表情を見せる。岡村は「実は、このあたりに住んでいたときに空き巣に入られたんです。でも何も盗られなくて。そのときに、高倉健さんからいただいたお手紙があったので、きっと空き巣が読んで『これはただごとじゃない』と何も盗らずに帰ったんじゃないかな、ということがありました」と振り返る。それに中村監督が「健さんも大石内蔵助をやっていますもんね」とコメントすると、驚いた様子で岡村は「そのパワーだと思います」と笑みを浮かべた。(取材・文:壬生智裕)

映画『決算!忠臣蔵』は11月22日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]