かっこよすぎ!『ターミネーター』新作、リンダ・ハミルトンに絶賛の声

こんなにサングラス似合う人いる? - (C) 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

 公開中の映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』で、サラ・コナーを演じるリンダ・ハミルトンが「かっこよすぎる」と話題となっている。(一部、映画の内容に触れています)

【写真】シュワちゃんとリンダ、腕組み2ショット!

 1991年に公開され大ヒットしたSFアクション大作『ターミネーター2』の続編となる本作では、核戦争「審判の日」を回避したはずのサラが戦いの日々を続けていたことが明らかになる。そして、彼女の前に、未来から来た新たな敵であるターミネーター“REV-9”(ガブリエル・ルナ)が立ちはだかる。

[PR]

 劇中、REV-9に襲われる女性ダニー(ナタリア・レイエス)と、ダニーを守る強化型兵士グレース(マッケンジー・デイヴィス)。絶体絶命の2人の前に、武装したサラが颯爽と現れ、REV-9と激しい戦いを繰り広げる。さらに、全編にわたり、戦闘シーンでは躊躇なく銃を撃ちまくり、無敵のアンドロイド相手に勇敢に立ち向かう。

女性陣がカッコイイ! - (C) 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

 サラ役のリンダは、現在63歳とは思えないスタイルと身のこなしで物語に説得力を持たせており、「登場シーンにしびれた」「かっこよすぎる」「最高だった」「貫禄がすごい」「60代とは思えない」とSNS上に絶賛の声が上がっている。また、リンダのようにかっこよく年を重ねたいといったコメントも見受けられた。

 アンドロイドT-800役のアーノルド・シュワルツェネッガーも出演している本作は、8日に公開され、興行通信社が12日に発表した全国映画動員ランキングで1位を記録(11月9日~10日)。公開から3日間で観客動員数44万9,565人、興行収入6億3,728万円と好スタートを切っている。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]