『カメ止め』濱津隆之が地上波連ドラ初主演 テレ東1月クール「絶メシロード」放送決定

テレ東1月クール「絶メシロード」で主演を務める濱津隆之 - (C)「絶メシRoad」製作委員会

 テレビ東京系の2020年1月クール「ドラマ25」枠(1月24日スタート、毎週金曜0時52分~1時23分放送)で、2018年の大ヒット映画『カメラを止めるな!』に出演した濱津隆之主演の「絶メシロード」が放送される。濱津が演じるのは、絶滅してしまいそうな絶品メシを求め、週末に一泊二日の旅に出る中年サラリーマン。濱津にとって本作が地上波の連続ドラマ初主演となる。共演に酒井若菜西村瑠香青春高校3年C組)、長村航希野間口徹山本耕史ら。

【動画】「絶メシロード」予告動画

 現在放送中の「ひとりキャンプで食って寝る」の後番組となる本作。日々ストレスを抱えるサラリーマン・須田民生(濱津)の、金曜の帰宅後から土曜日の夕方までのささやかな旅を追う物語。 絶滅してしまいそうなメシを求め、「誰も誘わない」「誰も巻き込まない」「予算はお小遣いの範囲内」をモットーに、日本全国を車一つで駆け巡る。

[PR]

 主人公・民生を演じるのは、『カメ止め!』でブレイクしたのちTBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」(2019・7月クール)や映画『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』(公開中※声優)に出演するなど快進撃が続く濱津。民生の妻で高校生の娘と共にアイドルグループを追いかける佳苗役に酒井、民生が行く先々で偶然出会う男で多くの時間を車中泊で過ごす鏑木勉に山本がふんする。

主人公・民生の妻・佳苗(酒井若菜)と、民生が旅先で出会う車中泊マスター・鏑木(山本耕史)

 “絶メシ”とは、原案を手掛けた畑中翔太(博報堂ケトル)いわく、時代の流れと共に消えゆく、まちの古い個人飲食店にもう一度光を当てる地域創生プロジェクトとして、2年前に群馬県高崎市からスタート。この取り組みをより全国に広げたいという想いからドラマ化が実現した。

 主題歌は、スカートの「標識の影・鉄塔の影」。演出に、ドラマ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」(2016)などの菅井祐介、脚本にドラマ「ヒモメン」(2018)、「節約ロック」(2019)などの森ハヤシらが名を連ねる。(編集部・石井百合子)

ドラマ25「絶メシロード」はテレビ東京系で2020年1月24日スタート(毎週金曜深夜0時52分~1時23分)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]