市川海老蔵、一夜限りの「スター・ウォーズ歌舞伎」公開!親子でカイロ・レン熱演

魁煉之介(かいれんのすけ)を熱演する市川海老蔵(中央)と長男・勸玄くん(上段)
魁煉之介(かいれんのすけ)を熱演する市川海老蔵(中央)と長男・勸玄くん(上段)

 28日、歌舞伎俳優の市川海老蔵と長男・堀越勸玄くんが、映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の12月20日公開を記念する1日限りのスペシャルパフォーマンス「スター・ウォーズ歌舞伎~煉之介光刃三本~」を都内で披露した。

これがスター・ウォーズ歌舞伎だ!フォトギャラリー

 『スター・ウォーズ』の世界観を、海老蔵の監修・主演による3部構成で歌舞伎化した「スター・ウォーズ歌舞伎」。海老蔵が、悪役カイロ・レンを歌舞伎の世界で表現した魁煉之介(かいれんのすけ)と、ルーク・スカイウォーカーをモデルにした皇海大陸琉空(すかいおおおかるくう)の2役を務め、勸玄くんは、魁煉之介の幼少期を演じた。

[PR]

 以前から『スター・ウォーズ』関連の仕事に携わっていた海老蔵は、今回のコラボも「できたらいいですね」とアイデアを提供した部分があったというが、いざ実施することになり「『スター・ウォーズ』が大好きな人を裏切ってはいけないという気持ちと、歌舞伎としての魅力も伝えなければいけないという部分がとても難しかった」と胸の内を明かしていた。

 だがそんな言葉とは裏腹に、舞台上では、壮大な『スター・ウォーズ』の世界観が、歌舞伎鑑賞ならではの拍手や「成田屋!」という掛け声と共に、魁煉之介(かいれんのすけ)の目線で堂々と展開。特に第3部となる「第三刃」での激しい立ち回りと、勸玄くんの登場には、客席も大歓声に包まれた。

 『スター・ウォーズ』シリーズは、海老蔵が生まれた1977年にスタート。父である十二代目・市川團十郎さんが「宇宙がすごく好きだった」ことからシリーズを観るようになったという海老蔵は「歌舞伎の世界の勧善懲悪が『スター・ウォーズ』と似ている。(新作が)どういう展開になるかわかりませんが、優秀なジェダイが暗黒面に引きずり込まれていくところは、とても魅力的です」と独自の視点から作品の魅力を語っていた。

 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は、壮大なるスカイウォーカー家を描いた物語の完結篇。しかし海老蔵は「本当に終わっちゃうんですかね」と半信半疑であることを明かすと「でもしっかりと終わるのなら、正義が勝ってほしいですね」と期待を口にしていた。(磯部正和)

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は12月20日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]