「女子高生の無駄づかい」岡田結実主演でドラマ化決定!

「女子高生の無駄づかい」に出演する、中村ゆりか、岡田結実、恒松祐里、町田啓太
「女子高生の無駄づかい」に出演する、中村ゆりか、岡田結実、恒松祐里、町田啓太

 テレビアニメ化もされた漫画家・ビーノの代表作「女子高生の無駄づかい」が、タレントで女優の岡田結実を主演にむかえ、2020年1月期のテレビ朝日・金曜ナイトドラマ枠(金曜・午後11時15分~)でドラマ化されることが明らかになった。

【画像】岡田結実の晴れ着姿

 原作は、ビーノ本人の「ニコニコ静画」投稿からスタートし、現在はコミック配信サイト「コミックNewtype」で連載されている人気漫画。男性ゼロの女子高を舞台にバカ・ヲタ・ロボのニックネームを持つ女子高生(JK)たちが、ひたすら青春を浪費していくシュールで残念な毎日を描き、同年代だけでなく、幅広い世代に支持が広がっている。

[PR]

 主人公の田中望(バカ)を演じるのは、同枠で今年1月期に放送された「私のおじさん~WATAOJI~」で連続ドラマ初主演を務めた岡田結実。バラエティー番組でも活躍する才能を生かし「変顔覚悟! ガニ股覚悟! 下ネタ覚悟!」で、あだ名の通り、すがすがしいほどのバカで問題児という役どころに挑戦。役に合わせて髪もバッサリと切り、「小さい頃以来のショートカットなので、自分でも朝起きて鏡を見るたびに『おおおお!』って驚いています(笑)。ただ家族からは不評……。皆さんには髪型も含めて愛してほしいです(笑)」とコメント。「ぶっ壊れる気満々です!」と意気込む。

 また、アニメや漫画を愛するツッコミ系腐女子の菊池茜(ヲタ)役と、頭は良いが毒舌で感情がない鷺宮しおり(ロボ)役には、出演作が相次ぐ若手女優の恒松祐里中村ゆりかが決定。さらに3人が通う、さいのたま女子高等学校の1年2組担任・佐渡正敬を、劇団EXILEの町田啓太が演じる。女子大生が大好きな残念独身教師というクセの強すぎる役に挑む町田にも注目だ。

 原作者のビーノは、アニメに続いてのドラマ化に感謝しながら「この作品の登場人物は皆どこかしら残念な一面やコンプレックスを抱えているのですが、基本的にはそれを克服したり努力したりすることはありません。意識低い系女子たちが集まったクラスで、意識低い会話を繰り広げる、意識低い日常の連続です。でも、だからこそ共感してもらえるポイントがあったり、笑えたり、元気をもらえるのではないかと思います。その空気感は、漫画、アニメよりも実写ドラマの方がよりリアルに伝わると思うので『早く観たい!』と今からわくわくしています」と期待をかける。

[PR]

 脚本は、ドラマ・映画・舞台で活躍する新進気鋭の脚本家たちが毎話交代で執筆。田辺茂範(劇団 ロリータ男爵)、矢島弘一(劇団 東京マハロ)、角田貴志(劇団 ヨーロッパ企画)、山田由梨(劇団 贅沢貧乏)、安藤奎(劇団 アンパサンド)、玉田真也(劇団 玉田企画)といった脚本家陣の描く世界を、「おっさんずラブ」などの山本大輔、「同期のサクラ」などの日暮謙といった演出陣がドラマ化する。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]