イッセー尾形、主演映画のテーマにしみじみ

冗談で会場を沸かせたイッセー尾形
冗談で会場を沸かせたイッセー尾形

 俳優のイッセー尾形が30日、都内で行われた主演映画『漫画誕生』(公開中)の初日舞台あいさつに登壇。放送中のNHK連続テレビ小説「スカーレット」で信楽焼の絵付け師・深野心仙を好演しているイッセーは、この日も“フカ先生”のようなユーモラスな姿を見せながら、主演作をアピールした。

【写真】妻役は篠原ともえ!

 本作は、長谷川町子手塚治虫に影響を与えたとされる漫画家・北沢楽天の伝記ドラマ。漫画家としての社会的地位を確立した楽天(イッセー)が、時代の波に翻弄(ほんろう)される姿を描く。

[PR]

 17名のスタッフ・キャストが登壇するイベントということもあり、進行がスムーズにいかず、司会者に呼ばれる前に入り口からチラッと顔をのぞかせ、「全然聞こえない。まだいいの?」などと質問するイッセー。大御所とは思えないラフな姿に、会場は笑いに包まれた。その後、全員が登壇すると、イッセーは「僕は今67(歳)ですが、この映画は70(歳)の時に撮った作品です」と冗談で沸かせつつ、「人生は長いですね。自由に生まれて、自由に育って、自由に死んでいけば一番いいんですけど、そうはならない見本のような映画です」と紹介した。

 さらに、14名の共演者を見渡し、「僕が知っているこの映画は、(篠原)ともえさんとのシーンと、検閲官役の稲荷(卓央)さんとの陰険なやりとりだけなんですね」とぶっちゃけ。一方で、台本を読んだだけでは想像ができなかったという本作について、「深い普遍的なテーマを扱っているんだな」としみじみと語っていた。

漫画誕生

 楽天の妻・いの役の篠原ともえは、「イッセーさんはひょうひょうとしているんですけど、どこかとってもアーティスティック」と、約2年前の現場での様子を伝えると、「最近は……」と、“フカ先生”についても言及。イッセーには「後で話そう」と笑顔で制止されるが、篠原は「わたしも絵が大好きでデザインの仕事にもトライしてきたので、こういう役に活かせるかな? と思って一生懸命演じました」と絵つながりのトークを展開。また、「わたしにとって、アーティストに寄り添って生きる妻という、普遍の愛を演じることは貴重でうれしい時間でした」と充実した表情を見せていた。

 この日は、イッセー、篠原、稲荷卓央のほか、モロ師岡吉岡睦雄芹澤興人中村無何有秋月三佳嶺豪一瓜生真之助福永マリカ祁答院雄貴江刺家信雄安藤瑠一木下愛華あらい太朗(発案)、大木萠監督も来場し、公開初日を喜んだ。(取材:錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]