人気YouTuberそらちぃ、映画出演の理由!仲間への思い、仕事へのビジョン

そらちぃ(アバンティーズ)
そらちぃ(アバンティーズ)

 人気YouTuber・アバンティーズのリーダーを務めるそらちぃ。チャンネル登録者数160万人を誇る日本有数のYouTuberである彼が、映画『明日、キミのいない世界で』(1月10日公開)で映画主演を果たした。YouTuberとしてさまざまな企画をプロデュースする一方、アーティスト活動や、映像作品で脚本や演出などを務めるなど、ボーダレスの活躍を見せる。そんなそらちぃが本作に出演したのは、ある大きな思いがあったという。

映画『明日、キミのいない世界で』予告

 初号試写を観た直後のインタビュー。「気が気じゃないですね。すごく恥ずかしかった」と照れ笑いを浮かべていたが、一方で「ストーリーに感情移入できたので、その点は良かったなと思います」と客観的に作品を観る目もしっかりと持つ。

[PR]

 中学生のときから自主映画を作るなど、映像の世界には大きな憧れがあり、実際、自身で脚本や監督を務めたことも。“物語”を紡ぐことには興味を持ち続けていたそらちぃは、ディレクター系YouTuberのHiROKiから本作への誘いを受けた。最初は「すごく迷いました」というが、脚本を読んだとき、そらちぃが演じる柳真斗というキャラクターが、自身のバックグラウンドと重なると感じて、オファーを受けたという。

 真斗は、田舎に住む高校生。母親と小学生の妹と暮らすなか、幼なじみでお調子者の心平(てつや東海オンエア)や同級生の遥(小林万里子)、突如現れた謎の女性ミヅキ(三戸なつめ)らとの恋模様が描かれる。ストーリーの詳細は伏せるが、そらちぃは「僕たちのYouTubeを観てくれている人たちって、僕らの8年間を一緒に共有していくれている人たちだと思うんです」と語り出すと「仲間に対する思いとか、どんな気持ちで日々を送っているとか……そんなことも作品に投影できるのかなと思ったんです。また僕たちがどんな感情でYouTubeに向き合っているかということも、作品を通して感じてくれたら……という思いも込めました」と自身と重なる部分を説明した。

[PR]
01
東海オンエアのてつや(左)、そらちぃ(右)(初号試写の撮影にて)

 またもう一つ、オファーを受けた理由には、そらちぃの仕事に対するビジョンとも大きく関係。「とにかく30歳になるまで、どん欲にいろいろな“表現”を試していきたいと思っています。そうすることで、本当に自分にとってなにがやりたいのか、またできるのか、できないのか……そういうことがブラッシュアップされていく。そのなかで、30歳以降、本当に向き合う“表現”が見えてくると思うんです」

 その意味で、俳優業に真正面から向き合った本作で、そらちぃは大きな気づきがあった。「やってみて本当に難しいと思った。それは生半可な気持ちではなく、全身全霊で臨んだからこそ実感できたことです。とにかく俳優さんにリスペクトの気持ちがより強くなりました。『興味があるから』とか『やってみたい』だけで続けていけるものとは違う」

 特に親しくしている同世代の俳優との会話で、視点の違いに驚愕したという。「僕は演じることって、違和感がなく溶け込むことが正解かなと思っていたのですが、その人は『演じることは違和感しかない』と言うんです。もうなんか『ハー』って感じました。本当に奥が深い」と感嘆した。

[PR]

 チャレンジしたからこそ、俳優業のハードルの高さを身に染みて実感できた。こうした経験を重ねていくことが、未来の礎になり、そらちぃには大きな財産になる。「でも、映画公開前に俳優業に対してこんな話をしていいんですか(笑)。もっとポジティブな話の方がいいですよね」と気を遣うが、それを含め感じたままを表現していくことが彼の個性であり、魅力なのだろう。

 本人はずっと謙遜していたが、作品には登場人物の儚さや脆さがみずみずしく表現されている。HiROKi監督は「なにかを感じとってもらえれば」とメッセージを送っていたが、いろいろな“なにか”が詰まった作品になっている。(取材・文・撮影:磯部正和)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]