菅田将暉×小松菜奈が涙…壮大な愛描く『糸』特報が公開

涙が意味するものとは…
涙が意味するものとは… - (C) 2020映画『糸』製作委員会

 菅田将暉小松菜奈がダブル主演を務める映画『』(4月24日公開)から、菅田と小松が涙を特報映像が公開された。

【動画】菅田将暉×小松菜奈!映画『糸』特報

 中島みゆきの名曲「糸」をもとにした本作は、平成元年生まれの高橋漣(菅田)と園田葵(小松)が惹かれ合いながらもすれ違い、再び出会う18年間を描く壮大な愛の物語。13歳のときに北海道で出会い恋に落ちるも、2人は離れ離れになってしまう。8年後に再会するが、それぞれは別の道を歩み始めており、10年後、平成最後の2019年がやってくる。

[PR]

 公開された映像では、「一度でいいから抱きしめてほしかった」「あのとき、守れなくてごめんね」と切ない表情を浮かべる漣と葵が抱擁する場面から始まる。中島が歌う「糸」が流れるなか、広大な北海道の大自然やシンガポールの美しい映像が映し出される。また、漣や葵が涙する姿、漣と恋愛関係になる、病気のような様子の香(榮倉奈々)、葵に花束を渡す水島(斎藤工)の姿も見ることができる。なお、この映像は、1月17日より随時全国の劇場で上映予定だ。さらに、ポスタービジュアルも公開された。北海道の大地を感じさせるラベンダー畑を背景に、菅田と小松がさわやかで前向きな表情を浮かべている。

 本作のメガンホを取ったのは、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』『楽園』などで知られる瀬々敬久監督。共演には、山本美月倍賞美津子成田凌二階堂ふみ高杉真宙馬場ふみか永島敏行竹原ピストル松重豊田中美佐子山口紗弥加らが名を連ねる。(編集部・梅山富美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]