『アナと雪の女王2』ディズニー史上最短!公開10日で興収40億円突破

今回も驚異的なヒットになりそうな『アナと雪の女王2』 - (C) 2019 Disney. All Rights Reserved.

 ディズニーアニメーション最新作『アナと雪の女王2』の累計成績が、1日までに興行収入43億582万円、観客動員数338万人を記録した。ディズニーによると、公開10日目での興収40億円突破は『トイ・ストーリー4』をこえて、ディズニー・アニメーション、ピクサー・アニメーション・スタジオ全タイトルの中で最短となる。

【動画】 松たか子が歌う「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」

 先月22日に公開された本作は、初週末の3日間で興収19億4,205万円、動員145万人というディズニー・アニメーション史上歴代トップのオープニングを記録。前作『アナと雪の女王』(2014)が初週末3日間でマークした、動員79万2,636人、興収9億8,640万円を遥かに上回る驚異的な数値をたたき出した。さらに先週は前週の土日を上回る動員で、週末動員ランキングでも2週連続1位を獲得。12月1日の日曜日だけで興収8億4,650万円、動員79万人をマークしている。

 美しき王家の姉妹エルサとアナを主人公に、氷と雪を操るエルサの力の秘密に迫る本作。1作目と2作目でひとつの物語だと監督のジェニファー・リーらは語っており、観客からは「2回目のほうが内容理解できて一層面白かった!」という声も。また、エルサ役の松たか子が歌う「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」は、音楽配信サイトの各チャートで1位を総なめ。日本版エンドソングやそのほかの劇中歌も好調と話題は尽きることがなく、さらなるリピーターの広がりが期待できそうだ。(編集部・入倉功一)

[PR]

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]