ウィーワークの共同創業者アダム・ニューマン描く映画が始動

ウィーワーク創業者アダム・ニューマン氏とソフトバンク孫正義氏
ウィーワーク創業者アダム・ニューマン氏とソフトバンク孫正義氏 - (左から)Jackal Pan / Visual China Group via Getty Images、Alessandro Di Ciommo / NurPhoto via Getty Images

 2020年2月日本公開予定の映画『スキャンダル』を執筆したチャールズ・ランドルフが、コミュニティー型ワークスペースを提供・運営する企業、ウィーワーク(WeWork)の共同創業者アダム・ニューマン氏を描いた映画で、脚本を務めることが決定した。Wrapほか複数メディアが報じている。

【動画】映画『スキャンダル』海外版予告編(英語)

 本作は、ユニバーサル・ピクチャーズとブラムハウス・プロダクションズが共同で製作する予定の作品で、ジャーナリスト、カトリーナ・ブルッカーのこれから出版される著書を、ランドルフが脚色。ストーリーは、共同創業者としてウィーワークを起業したニューマン氏とソフトバンクグループの代表取締役会長兼社長の孫正義氏との関係を中心に描かれる。ソフトバンクは、ウィーワークの親会社ウィーカンパニーに対して、グループ全体で巨額の投資をしていたが、共同創業者でCEOでもあったニューマン氏が9月に辞任した。

 キャストや監督は決まっていないが、ランドルフは製作も兼任する。ランドルフは、過去に『マネー・ショート 華麗なる大逆転』でアカデミー賞脚色賞を受賞している。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]