井上真央、女優としての覚悟と喜び

井上真央
井上真央

 経験と年齢を重ねて女優としてまたひと際、輝きを増している井上真央。ドラマ「少年寅次郎」で見せた“昭和のお母ちゃん”役も話題を呼んだが、周防正行監督5年ぶりの新作となる映画『カツベン!』では、物語を引っ掻き回す悪女役として登場する。30代を迎えて「いままでやったことのないような役をいただく機会が増えた。すごくうれしいですし、自分自身も楽しい」という井上。作品に身を投じるごとに「伝えることの責任を実感している」という彼女が、女優としての喜びや覚悟を明かした。

【動画】井上真央、『カツベン!』で大人な女性に

 本作は、およそ100年前を舞台に活動弁士になることを夢見る主人公・俊太郎(成田凌)と、彼を取り巻く人々を描く青春活劇。井上は、俊太郎が働く映画館・青木館のライバル会社の社長令嬢、琴江を演じている。青木館の経営の邪魔をするなど、ヒールとも言える役に挑んだ。

[PR]

 井上は「周防組は初めてでしたが、琴江のような役で参加できるのはとても楽しみでした」と喜びと共に参戦したそうで、「周防監督からは『当時のモダンガールを思い切り楽しんでほしい』と言われました。自分の映画館を盛り上げたいという、キャリアーウーマンとしての思い。活弁に夢中になっている一人の女性としての姿がチャーミングに映ったらいいなと思っていました」と勢いのある女性を楽しんで演じたという。

02
(C) 2019「カツベン!」製作委員会

 本作だけでなく、『焼肉ドラゴン』(2018)で演じた、大泉洋を相手に関西弁でまくしたてる女性役も記憶に新しく、近年の井上はこれまでのイメージを覆すような役柄に次々と挑戦している。「年齢的なものもあるのかもしれませんが、いままでやったことのない役をいただくようになって、こちらもそういった出会いを楽しめるようになったと思います」とニッコリ。新境地に飛び込む上では「もちろんプレッシャーも感じる」そう。「慎重なところがあり、どうやったらいいんだろうと悩むこともあります。でも緊張やプレッシャーを感じることは、必要なことだと思っていて。それはどんな役を演じるときも変わらないですね」と真摯な思いを打ち明ける。

[PR]

 「もともと慎重派」というが、32歳となったいま、女優業に励む上で大切にしているのが「勇気を出すこと」なのだとか。「20代のときには、なんにでもチャレンジしていく勇気だったように思います。でもいまは、きちんと『自分がどう思うのか、どう感じるのか』を大事にする。そういった自分の心に向き合う勇気や、そのための時間を大切にしたい」と勇気の持ち方も変わってきたという。

 日本映画の未来を夢見た人々の姿を描く『カツベン!』には、女優になることに憧れるヒロイン(黒島結菜)の姿も。大学時代に、往年の大女優・杉村春子をテーマに卒業論文を書いた井上だが、憧れの女優像について聞いてみると「杉村さんは、恐れ多すぎて『憧れだ』なんて言っていい次元ではないんですが」と照れ笑いしつつ、「自分がやると決めたことを貫く強さ、信念などは、杉村さんについて調べたことがとても勉強になりました。そういった覚悟や強さは、私も持っていたいと思います」とキッパリ。

 井上自身も年々、女優業が“覚悟”を要する仕事だと実感していると話す。「作品を世に送り出し、問いかける側にはその責任がある。社会派の作品をやらせていただくとすごく感じるんですが、近年、言葉の重みというものを一層、感じるようになって。いい加減にセリフを言ってはいけないなと思うんです」とりわけイジメや生徒の死に切り込んだドラマ「明日の約束」への出演は大きな経験となったと続ける。「『明日の約束』ではひとつのセリフについて何日も悩んでいたこともありました。ニュースやドキュメンタリーではなく、ドラマだからこそ伝えられることもあるんだと感じました」

 努力を惜しまない、どこまでも誠実な人柄。そして歩みのなかで得た覚悟。それらすべてが魂のこもった役づくりとして花開いている。「いろいろな世代の俳優さんと触れ合うと、その世代ごとの魅力があるものだなと思います。経験を重ねながら、その年齢にしかできない作品や役柄に出会っていけたら、とてもうれしいです」(取材・文:成田おり枝)

映画『カツベン!』は12月13日公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]