綾野剛×松田龍平『影裏』コンペに選出 第2回海南島国際映画祭

ポスタービジュアル
ポスタービジュアル - (C)2020「影裏」製作委員会

 沼田真佑の芥川賞受賞作を綾野剛主演で映画化する『影裏』(2020年2月14日公開)が、中国のリゾート地として知られる海南(ハイナン)島で開催中の第2回海南島国際映画祭のコンペティション部門に選出され、受賞の行方が注目される。本作は同映画祭でワールドプレミアとして上映され、主演の綾野、共演の松田龍平大友啓史監督が舞台あいさつに登壇する予定。

【動画】『影裏』予告編

 本映画祭は、中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)と海南省人民政府の共催により、海南島にある三亜、海口、瓊海の3市をつなぐ「島全体での映画祭」を目指し、昨年初めて開催。第1回には約30の国・地域から100本を超える作品が集まり、ジャッキー・チェンがアンバサダーに就任したほか、ジョニー・デップニコラス・ケイジマッツ・ミケルセンら各国のスターが集結。今年はフランス人女優のソフィー・マルソーがアンバサダーを務め、『岸辺の旅』『旅のおわり世界のはじまり』などの黒沢清監督の特集上映も行われる。

[PR]

 第2回から設けられたコンペティション部門は長編、ドキュメンタリー、短編の3つのカテゴリーからなり、各カテゴリーごとの審査員が受賞作を選定。金椰賞(最優秀作品賞)をはじめ、監督賞、審査員賞、男優賞、女優賞、脚本賞、芸術貢献賞、子供映画賞、ドキュメンタリー賞、短編映画賞などを授与する。

 コンペのラインナップには、東京国際映画祭「アジアの未来」部門で作品賞を受賞した『はじめての別れ』(中国/リナ・ワン監督)、東京フィルメックス・グランプリ受賞作『気球』(中国/ペマツェテン監督)、ジャン・デュジャルダン主演作『ディアスキン 鹿革の殺人鬼』(フランス)、イランの名匠モフセン・マフマルバフ監督作『マージ・アンド・ハー・マザー(原題)/Marghe and her mother』(イタリア、イギリス)、『存在のない子供たち』の監督ナディーン・ラバキーが出演する『1982(原題)』((レバノン、アメリカ、ノルウェー、カタール)など各国から作品がそろった。

 日本から選出された『影裏』(えいり)は、大河ドラマ「龍馬伝」や『るろうに剣心』シリーズなどの大友啓史監督が故郷である岩手を舞台にしたドラマ。岩手に移り住んだ会社員の今野(綾野)と、その土地で知り合った同い年の日浅(松田)との友情、突然失踪した日浅の知られざる顔を巡るミステリーが描かれる。授賞式は8日に行われる。(編集部・石井百合子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]