シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「ナディーン・ラバキー」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

作品情報 (全4件)

歌声にのった少年
他界した姉との約束を果たすべく、スター歌手になる夢をかなえたパレスチナ人少年の実話を映画化。主人公のモデルとなったのは、人気オーディション番組「Arab Idol」に出場...
2016年9月24日公開
チャップリンからの贈りもの
1978年のスイスで実際に起きた、驚がくの事件をベースにした犯罪劇。映画史に名を残す喜劇王チャールズ・チャップリンの遺体を盗み出し、家族から大金を取ろうとした男たち...
2015年7月18日公開
友よ、さらばと言おう
ハリウッドリメイクもされた『すべて彼女のために』や、『この愛のために撃て』で高い評価を得たフレッド・カヴァイエ監督によるサスペンスアクション。愛する者のため全力...
2014年8月1日公開

特集・連載記事 (全3件)

【今週のクローズアップ】2018年カンヌ映画祭総評!受賞作&傾向まとめ
現地時間5月8日~19日までフランスで開催された第71回カンヌ国際映画祭。是枝裕和監督作『万引き家族』が日本映画として21年ぶりに最高賞パルムドールに輝くという素晴らし...作『キャラメル』で高く評価された女性監督ナディーン・ラバキーは、そんな彼が両親に向ける静かな怒りまで...
2018年6月7日掲載
【第71回カンヌ国際映画祭】第71回カンヌ国際映画祭(2018年)コンペティション部門21作品紹介
5月8~19日(現地時間)までフランスで開催された第71回カンヌ国際映画祭。是枝裕和監督の『万引き家族』が、日本映画として21年ぶりとなる最高賞パルムドールを獲得し、幕...es Sokhn") **製作国:レバノン** **監督:ナディーン・ラバキー** **キャスト:ナディーン・ラバキー** *...
2018年4月26日掲載
【ぐるっと!世界の映画祭】パルムドールへの道はここから始まる!カンヌの新人監督育成プロジェクト(フランス)
!5 【第60回】 フランスのカンヌ国際映画祭で2000年からスタートした新人監督育成プロジェクト「シネフォンダシオン・レジデンス」。アメリカ・ニューヨーク在住の福永壮志...ロー監督(ハンガリー)、『キャラメル』のナディーン・ラバキー監督(レバノン)、『父の秘密』のミシェル...
2017年7月30日掲載

映画ニュース (全6件)

カンヌ審査員賞受賞作、美人監督らがシリア難民の悲惨な現状を訴える
今年のカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞したレバノン映画『カペナウム(原題) / Capharnaum』について、ナディーン・ラバキー監督、主演のゼイン・アル・ラフィーア、製作...
2018年11月13日掲載
【第71回カンヌ国際映画祭】今年のカンヌ映画祭、無視されてきた人々に声を与える場所に
是枝裕和監督作『万引き家族』が最高賞パルムドールを受賞し、幕を閉じた第71回カンヌ国際映画祭。授賞式では審査員長のケイト・ブランシェットが、今年のコンペティション...の『カペナウム(原題) / Capharnaum』(ナディーン・ラバキー監督)も中東における貧困や移民の問題を扱...
2018年5月20日掲載
【第71回カンヌ国際映画祭】是枝裕和『万引き家族』に最高賞パルムドール!日本人21年ぶり
第71回カンヌ国際映画祭の授賞式が現地時間19日にフランスで行われ、コンペティション部門に出品されていた是枝裕和監督作『万引き家族』が最高賞となるパルムドールを受賞...ウム(原題) / Capharnaum』(レバノン) ナディーン・ラバキー監督 【監督賞】 パヴェウ・パヴリコフスキ...
2018年5月20日掲載
【第71回カンヌ国際映画祭】中東のイケメン子役、会見中に疲れて寝ちゃう
現地時間18日、第71回カンヌ国際映画祭でコンペティション部門出品作『カペナウム(原題) / Capharnaum』の公式会見が行われ、主人公の少年を演じたゼイン・アルラフィーア...ところを見いだされた。 メガホンをとったナディーン・ラバキー監督(『キャラメル』)は「キャスティング...
2018年5月20日掲載
グレン・クローズ主演『アルバート・ノッブス』レズビアン・ゲイ・トランスジャンダー・バイセクシャル協会からセバスティアヌ賞
第59回サンセバスチャン国際映画祭で外部団体による各賞が発表され、米女優グレン・クローズ主演『アルバート・ノッブス(原題)/ Albert Nobbs』がバスク地方のレズビアン...認で2000年から開始。過去には、レバノンのナディーン・ラバキー監督『キャラメル』やウディ・アレン監督『...
2011年9月30日掲載
【第64回カンヌ国際映画祭】カンヌ、国際批評家連盟賞にアキ・カウリスマキ監督!エキュメリック賞はパオロ・ソレンティーノ監督
第64回カンヌ国際映画祭で現地時間21日、国際批評家連盟賞とエキュメリック賞の発表があった。下馬評の高いフィンランドのアキ・カウリスマキ監督『Le Havre(原題)/ル・ア...(英題)/ウェアー・ドゥ・ゴー・ナウ?』 ナディーン・ラバキー監督 (取材・文:カンヌ・中山治美)...
2011年5月22日掲載