土屋太鳳の姉・炎伽、今年の漢字は「変」 激動の一年振り返る

人生初のPRイベント参加となった土屋炎伽
人生初のPRイベント参加となった土屋炎伽

 女優・土屋太鳳の姉で、「2019ミス・ジャパン」グランプリの土屋炎伽(つちや・ほのか)が10日、都内で行われた映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』スーパープレミアム・ブルーレイセットの発売記念イベントに出席し、激動の一年を振り返った。

抜群のスタイル!土屋炎伽【写真】

 『ワイルド・スピード』シリーズの最新作として、元FBI捜査官のルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)と元MI6エージェントのデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)をメインに据えた本作。映画に登場するショウの妹・ハッティ(ヴァネッサ・カービー)をイメージした、黒のバイクスーツで登場した土屋は「着心地はいいです。こういったハードな格好は普段することがないので新鮮な気持ちです」とにっこり。普段はワンピースやジーンズを着ることが多いそうで、「実家で暮らしていた時は、太鳳と服を借りっこしていました」と振り返る。また、「小さい頃は、妹が必ずピンクのものを持って、わたしがなぜかブルーと分担されていました」と服にまつわる妹・太鳳とのエピソードを明かした。

[PR]

 今回が人生初のPRイベント参加となった炎伽は、「テレビや新聞で拝見している光景の中にいると思うと不思議で緊張しますが、とても光栄です」と感激の面持ち。ミス・ジャパンの栄冠を手にした後の環境の変化を問われると、「会社勤めとチアリーダーの両立という生活の基盤は変わらない」と言いつつ、「自分が自覚している以上に、環境は変化しているのかなと思っています」と率直な思いを語った。

 そういったこともあり、今年一年を表す漢字に「変」を挙げた炎伽は「気持ちの持ちようや環境も変わったし、変わろうと努力した年だったかなと思います」とコメント。来年は「今までやってきたことの点と点を結びつけたい。あとはもっと大きなことに挑戦できる一年にしたいです」と声を弾ませると、「来年は、東京オリンピック・パラリンピックが開催されますので、チアリーダーとしてずっとスポーツを応援してきた身からして、少しでも携われたら」と意欲を見せた。(取材:錦怜那)

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』ブルーレイ&DVDは12月11日発売(ブルーレイ+DVD 3,900円〈税別〉)
スーパープレミアム・ブルーレイセットは3,580万円(税込)【限定3セット】

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]