高橋一生が39歳に!職人姿が尊い『ロマンスドール』新カット

高橋一生の真剣な眼差し
高橋一生の真剣な眼差し - (C) 2019「ロマンスドール」製作委員会

 俳優の高橋一生が12月9日に39回目の誕生日を迎えた。30代のラストイヤーに高橋が蒼井優と夫婦役で共演する映画『ロマンスドール』の新たな場面カットが公開された。

高橋一生、色気すごい…【画像】

 本作で高橋が演じるのは、ラブドールの造形士という一風変わった役どころ。高橋ふんする哲雄は、美大の彫刻科を卒業してフリーター生活を送っていたが、大学時代の先輩の紹介もありラブドール職人として働くことになる。今回公開された場面カットは、哲雄が真剣な眼差しでドールに向き合う姿を切り取ったもの。ものづくりの真剣な雰囲気を感じることができる。

[PR]

 リアリティーある造形士を演じるために関連する書籍などの資料を読み込み、実際にラブドール製品で知られるオリエント工業にも訪問した高橋。製造工程の実習に複数回参加した高橋は、かつて舞台の大道具などの経験もあり飲み込みが早く、指導に当たった造形士も驚くほど上手にドールづくりの工程を進めたそう。最終的には専門用語で会話できるほどの知識も身につけたという。

 役づくりについて、高橋は「そこ(ラブドール工場)にいるのはまさに職人の方々で、工芸的な感覚でひとつの作品としてつくってらっしゃる姿を見て、自分も哲雄を演じる心構えができました」とコメントを寄せている。

 タナダユキ監督が自身の同名小説を映画化した本作。物語では、哲雄は一目惚れした園子(蒼井)と幸せな結婚生活を送りながら、ラブドール職人であることを隠し続けていた。そんななか哲雄は仕事にのめり込み、夫婦の間にも危機が訪れそうになる……。共演者として浜野謙太三浦透子大倉孝二渡辺えりきたろうなどが脇を固める。(編集部・大内啓輔)

映画『ロマンスドール』は2020年1月24日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]