「まだ結婚できない男」今夜最終回!阿部寛、13年ぶり続編はチャレンジだった

桑野の恋の行方は?「まだ結婚できない男」第10話より
桑野の恋の行方は?「まだ結婚できない男」第10話より

 2006年に放送された人気ドラマの続編として10月にスタートした「まだ結婚できない男」(カンテレ/フジテレビ系)が、今夜21時30分放送の第10話で最終回を迎えるにあたり、主演の阿部寛が思いを語った。

【画像】「まだ結婚できない男」第10話フォトギャラリー

 「結婚できない男」は、腕は一流だが偏屈で皮肉屋の建築家・桑野信介(阿部)の独身ライフが、女性たちとの出会いで少しづつ変化するさまをつづったコメディードラマ。続編となる「まだ結婚できない男」では、53歳になっても相変わらず偏屈な桑野の独身生活が、弁護士のまどか(吉田羊)、隣人の早紀(深川麻衣)、カフェ店長の有希江(稲森いずみ)ら、新たな女性たちとの出会いで変わっていくさまが描かれた。

[PR]

 「結婚なんてメリットがない」とばかりに独身生活を満喫する桑野の姿が、当時の未婚に対するイメージを一変させた前作。「人間的に深みのある役をしっかり演じ切り、自分にとって確たる作品がほしいなって思っていた時期でした」という阿部は、ドラマがヒットし、桑野が広く愛されていることに「明らかに自分の代表作にもなりましたし、桑野を演じ切ったことで自信がついた作品でもありました」と感謝を述べる。

 それから13年が過ぎ、未婚化・晩婚化が進むなど、世の中のライフスタイルも多様化。それだけに「今作はチャレンジですね」という阿部は「50代に入って、前作から時間が経っていますから、僕自身新たな視点から描いていったらどういうものになるかな? っていう。続編が制作されるのがもっと早かったら、そういう思いにはならなかったと思います。同じように演じなきゃいけないって思ったはずだし、13年経ったからこそ、新しいドラマを作る気持ちで臨めました」と続編への思いを語る。

 もちろん前回同様、長く愛される作品になってほしいという思いは強い。「前作も視聴者の方の反応は最終回までわからなかったですからね。さらに言ったら13年経ったからこそ、前作がどう愛されたかがわかったので、今回も時間がかかると思います」

[PR]

 最終回では、桑野(阿部)が証人として出廷することになった裁判で、相手側弁護人を務めるまどか(吉田)と対峙することに。ヒートアップする論争のなか、彼女のある言葉が桑野の胸に響く。また、そんな2人の姿を見た有希江の胸にもある思いが。さらに、地元・長野で弁護士事務所を経営する母親の体調が良くないと聞いたまどかは、母から事務所を継ぐべきか迷うことになる。

 果たして桑野の恋の行方はどうなるのか。最終回の見どころについて阿部は「もう何も言うことはありません。桑野の恋の行方はどうなるかをぜひ見て頂きたい」と一言。「どんな形でもいいから、この作品、そして桑野を見て、皆さんに楽しんでいただきたいし、救われるような気持ちになってほしい。いろんな意味でプラスの気持ちになってくれることを一番に望んでいます」と語っている。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]