ゼロワン・高橋文哉、奥野壮らジオウチームの貫禄に刺激!

よき先輩後輩としての関係性を見せた奥野壮と高橋文哉
よき先輩後輩としての関係性を見せた奥野壮と高橋文哉

 映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』の完成報告イベントが16日に丸の内TOEIで行われ、飛電或人/仮面ライダーゼロワンを演じる高橋文哉奥野壮ら「仮面ライダージオウ」の先輩キャストたちから大きな刺激を受けたことを明かした。この日は高橋と奥野のほか、岡田龍太郎鶴嶋乃愛井桁弘恵押田岳大幡しえり、そして映画ゲストの和田聰宏生駒里奈も来場した。

【動画】高橋文哉、仮面ライダー1型にツッコミ「パパお願いしますよ」

 仮面ライダーゼロワンと仮面ライダージオウの活躍を描く本作。人間がヒューマギアに支配されている世界の戦いを通じて、ゼロワン誕生の秘密が明かされる。完成報告のこの日、高橋は超満員となった会場を見渡して「ワクワクしている気持ちでいっぱいです」と笑顔を見せた。

[PR]

 続けて、常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ役の奥野は、高橋ら「ゼロワン」キャストについて「彼らは撮影現場と誠実に向き合っていて、きっとお芝居が楽しいんだろうなと思いながら見守らせていただいたので、一緒に映画を作ることができて良かったなと思いました」と語る。

 一方の高橋も「ジオウ」の奥野たちとの共演に「撮影現場では、仮面ライダーを1年間やられてきた貫禄を感じて、すごいなと思いました。僕たちも1年後には、ジオウチームのみなさんのように貫禄を出せる可能性があるわけで、そのスタート地点にいるんだということを教えていただきました」としみじみと口にした。

 さらに「印象的な出来事」について聞かれた高橋に向かって、奥野は「(自分に)ご飯に連れていってもらったって言ったほうがいいんじゃないの?」と耳打ちするも、その声が会場に漏れていて笑いを誘う。それを受けて高橋が「(奥野に)お芝居からプライベートの話まで、真摯に僕の話を聞いていただきました」と食事の席でのエピソードを明かすと、奥野は「しっかり先輩風を吹かせてね」と照れくさそうに続けた。

 さらに、高橋は「ゲイツ、ウォズ、ジオウの3人が同時に変身する場面があったんですが、何の打ち合わせもなく3人の『変身!』の声が一発で揃ったので、鳥肌がたちました」と感激の表情。奥野も「変身のときは、僕以外の2人が合わせてくれるので、安心して変身しているんです」と返した。

[PR]

 本作の見どころについては「僕としてはやっぱり(奥野)壮を見てほしいんです」と語る押田。「1年前に『仮面ライダービルド』のみなさんと出た作品を2人で観て、1年後にこんな先輩になれているかな、という話をしたんですが、今回の映画を観てなれていたと思う。1年間一緒にやってきたから本当にうれしくて、(奥野が)カッコいい男になっていると思うので、注目してください」と晴れやかにアピールした。(取材・文:壬生智裕)

映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』は12月21日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]