瀬戸利樹、ギャップあるクールな表情!『シグナル100』で新たな魅力

瀬戸利樹、どんな表情もカッコいい…
瀬戸利樹、どんな表情もカッコいい… - (C) 2020「シグナル100」製作委員会

 橋本環奈が主演を務める映画『シグナル100』より、瀬戸利樹ふんする和田隼のクールな表情を捉えた場面カットが公開された。

瀬戸利樹のミステリアスな表情…『シグナル100』場面カット【画像】

 本作は、担任教師により自殺催眠をかけられた36人の生徒たちによる、狂気と絶望のデスゲームを描く学園サバイバル。瀬戸はクールな性格の持ち主でクラスメイトたちから一歩距離を置き、異質な存在感を放つ和田を演じる。

[PR]

 今回公開された場面カットでは、虚ろな表情で他人を見下すかのようなまなざしを向ける和田の表情や、何かを企んでいるかのようにブラインド越しに外を見つめる姿などが切り取られており、ミステリアスかつクールで危険な雰囲気を味わうことができる。

 俳優デビューを飾ったドラマ「弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」(2014)からキャリアを積み重ねてきた瀬戸。2016年には特撮ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」への出演を果たし、今年はドラマ「偽装不倫」でピンク色の髪が印象的な年下男子を好演したことで大きな話題を呼んだ。

 『シグナル100』での和田役について、瀬戸は「心の中のどこか一部分に小さな狂気を宿しているような役柄」と語りつつ「僕とは正反対な部分が多く、あまり演じたことのないクールなキャラクターで、役づくりには苦労しましたが、試行錯誤の日々を送る中で、自分の今持つできる限りの力を出し切れたんじゃないかと思っています」と手応えを口にしている。

 そんな和田は、冷酷な立ち振る舞いでデスゲームをかき乱していく、物語の鍵を握る重要なキャラクター。クラスメイトたちの敵なのか味方なのか。先の読めない物語展開とともに、新境地に挑んだ瀬戸の演技に注目だ。(編集部・大内啓輔)

映画『シグナル100』は2020年1月24日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]