井上真央「庶民の役が多い」社長令嬢役に喜び

 女優の井上真央が14日、都内で行われた映画『カツベン!』公開記念舞台あいさつに登壇。社長令嬢役を務めた井上は「庶民の役が多い」と自己分析し、自身にとって珍しいキャラクターを楽しみながら演じたことを嬉しそうに報告した。この日は成田凌黒島結菜永瀬正敏高良健吾竹中直人竹野内豊周防正行監督も来場した。

映画『カツベン!』予告編

 『それでもボクはやってない』などの周防監督が手がけた本作は、映画が「活動写真」と呼ばれていた約100年前を舞台に、独自のしゃべりで観客を沸かせた「活動弁士」を目指す青年・染谷俊太郎(成田)と彼を取り巻く人々による青春活劇。

[PR]

 俊太郎が働く映画館「青木館」の商売敵「タチバナ館」の社長令嬢・橘琴江を演じた井上は、満席の会場を見渡すと、「映画愛にあふれた作品ですので、また今日から日本全国いろんな劇場で、いろんな世代の方の笑い声が響くと思うと、とてもうれしく思います」とコメント。

井上真央

 撮影中のエピソードトークでは、黒島が口上シーンで「緊張で頭が真っ白になった」などと苦労をにじませる中、井上は「カツベンもアクションもなかったので、楽させてもらったというか、楽しませてもらいました」とニッコリ。周防監督からは「モダンなファッションを思い切り楽しんでほしい」と言われたそうで、「贅沢にも、毎回登場するたびにいろんな衣装を着させていただいた」と喜んだ。

 さらに、ドラマ「花より男子」で演じた、セレブ男子に恋する庶民の女子高生・牧野つくしが、自身を代表する役でもある井上は、過去の他作品も思い返しながら、「わたし、わりと庶民の役が多いんですけど」とぶっちゃけて会場の笑いを誘いつつ、「ドレスを綺麗に見せるとか、綺麗に立つということを意識する役がなかったので、すごく新鮮でしたし、勉強になる部分も多かったです」と役者として今後の糧になる体験をうれしそうに話していた。(取材:錦怜那)

映画『カツベン!』は全国公開中

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]