ゴールデン・グローブ賞『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が作品賞など最多3冠!

2020年1月6日 13時48分
ゴールデン・グローブ賞のトロフィーを手にしたクエンティン・タランティーノ監督とブラッド・ピット - Paul Drinkwater / NBCUniversal Media, LLC via Getty Images

 現地時間5日、第77回ゴールデン・グローブ賞授賞式が米ロサンゼルスのビバリーヒルトン・ホテルで行われ、クエンティン・タランティーノ監督の映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が作品賞(コメディー/ミュージカル)、助演男優賞(ブラッド・ピット)、脚本賞(タランティーノ)の最多3部門で受賞を果たした。

【画像】ホアキン&タロンも!受賞者ギャラリー

 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、1969年にカルト集団マンソン・ファミリーが起こした女優シャロン・テート殺人事件という史実を前提に、落ち目のテレビ俳優(レオナルド・ディカプリオ)と彼のスタントマン(ブラッド)の友情と絆を描いたドラマ。脚本賞のトロフィーを手にしたタランティーノは「脚本をページに書かれている以上のものにしてくれた」とキャスト陣に感謝を告げ、助演男優賞に輝いたブラッドは「君ナシじゃ受賞できなかった」と相棒を演じたディカプリオを見つめていた。

[PR]

 それに続いたのが、『1917 命をかけた伝令』『ジョーカー』『ロケットマン』という3作品でそれぞれ2部門受賞。『1917 命をかけた伝令』は作品賞(ドラマ)と監督賞、『ジョーカー』は男優賞(ドラマ)と音楽賞、『ロケットマン』は男優賞(コメディー/ミュージカル)と歌曲賞を受賞した。

 スタジオ別ノミネート数では最多となる合計17ノミネートを果たしていたNetflix(『マリッジ・ストーリー』『アイリッシュマン』『2人のローマ教皇』)だが、受賞は『マリッジ・ストーリー』の助演女優賞のみとなった。

 また、外国語映画賞は『パラサイト 半地下の家族』が受賞し、韓国映画として初の快挙を成し遂げた。トロフィーを手に「信じられない!」と喜んだポン・ジュノ監督は、「字幕という1インチの障壁を乗り越えられれば、もっとたくさんの素晴らしい映画に出会えます。素晴らしい世界のフィルムメイカーの皆さんとノミネートされたことこそ光栄です」とスピーチした。(編集部・市川遥)

映画部門の受賞結果は以下の通り。
■作品賞(ドラマ)
『1917 命をかけた伝令』

■作品賞(コメディー/ミュージカル)
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

[PR]

■男優賞(ドラマ)
ホアキン・フェニックス 『ジョーカー』

■男優賞(コメディー/ミュージカル)
タロン・エジャトン 『ロケットマン』

■助演男優賞
ブラッド・ピット 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

■女優賞(ドラマ)
レネー・ゼルウィガー 『ジュディ 虹の彼方に

■女優賞(コメディー/ミュージカル)
オークワフィナ 『フェアウェル

■助演女優賞
ローラ・ダーン 『マリッジ・ストーリー』

■監督賞
サム・メンデス 『1917 命をかけた伝令』

■脚本賞
クエンティン・タランティーノ 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

■音楽賞
『ジョーカー』

■歌曲賞
「(I’m Gonna) Love Me Again」『ロケットマン』

■外国語映画賞
『パラサイト 半地下の家族』(韓国)

■アニメーション作品賞
『ミッシング・リンク(原題) / Missing Link』

※日本語のリストを転載する際は編集部までご連絡ください

おすすめ特集

[PR]
Outbrain