山田涼介、主演映画『記憶屋』に注入した“ポップさ”

もうすぐ『記憶屋 あなたを忘れない』が公開される山田涼介
もうすぐ『記憶屋 あなたを忘れない』が公開される山田涼介 - (C) 2020「記憶屋」製作委員会

 1月17日に公開される新作映画『記憶屋 あなたを忘れない』に主演した Hey! Say! JUMP山田涼介。これまで数々のドラマや映画に出演し、役者としての道を切り拓いてきた山田が取材で、今作での役作りについて語った。

【動画】『記憶屋 あなたを忘れない』予告編

 『記憶屋 あなたを忘れない』は山田と『ツナグ』「義母と娘のブルース」などの平川雄一朗監督がタッグを組んだ作品。累計発行部数50万部を超える織守きょうやの小説が原作となり、恋人が自分に関わる記憶を失ってしまった大学生の遼一(山田)が人の記憶を消せる“記憶屋”の存在を知り、記憶を取り戻そうとしながら様々な人々に出会っていく。共演は芳根京子佐々木蔵之介蓮佛美沙子泉里香ら。

[PR]

 撮影前に原作を読み、脚本を確認した山田には「原作に忠実にやりたいという気持ちと映画にしたからこその新たな良さを伝えたいという気持ちが、入り混じっていた」そう。脚本を何度も読み込み、作品への思いは熱く「撮影するシーンについてその都度話し合いたいと平川監督にお願いしました。現場では映画をよりよい方向に持っていくにはどうしたらいいかという相談をよく監督としました」と振り返った。

 作品自体にファンタジーの要素はあるものの、これまで演じてきた役柄と比較すると今回の遼一は「普通の大学生」だ。「遼一は彼女の記憶を取り戻したいという思いがある中で様々な人と出会います。その出会いを大事にする遼一の姿勢を、演じる上で大切にしました。僕が辛い過去、記憶に引っ張られすぎて遼一を演じると温かい映画になりにくい。随所に普通の男の子としての『ポップさ』を入れることに注意しました」

記憶屋
(C) 2020「記憶屋」製作委員会

 その言葉通り、劇中の山田は「アイドルの山田涼介」とはまったく違う顔を見せ、遼一とともに記憶屋を探す弁護士の高原(佐々木)との掛け合いなどではコメディエンヌとしての才能が光る。

[PR]

 「登場人物はそれぞれの思いを抱えていて、観客の方はいろんな人にフォーカスをあわせることができます。そんな作品の中で物語をなぞっていく遼一は映画の軸になる役。平川監督の中でも(遼一に)暗くなりすぎてほしくないという思いがありました。『翻弄される時の山田くんを要素として遼一の中にいれてほしい』とも言われました(笑)」

 撮影について「みんなで話し合って作りました。意思疎通がちゃんとお互いに取れている現場でした」と振り返った山田。完成作を観た感想については「すごく感動して温かい気持ちになりましたね。実は現場ではそういう映画になると思っていなかったんです。遼一として現場にいたので、苦しいとか、彼女の記憶はなんでなくなったんだとか、取り戻したいとかの思いが強くて……。なので完成作を観た時は『なんだこの温かい映画は!』と驚きました」と語った。(編集部・海江田宗)

映画『記憶屋 あなたを忘れない』は1月17日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]