高杉真宙、上地雄輔から極度の人見知りを暴露される!

『前田建設ファンタジー営業部』に主演した高杉真宙
『前田建設ファンタジー営業部』に主演した高杉真宙

 俳優の高杉真宙が15日、新宿バルト9にて行われた映画『前田建設ファンタジー営業部』完成披露上映会に登壇。共演者の上地雄輔から人見知りを暴露され苦笑いを浮かべていた。イベントには高杉、上地のほか岸井ゆきの本多力六角精児小木博明おぎやはぎ)、英勉監督が出席した。

【動画】映画『前田建設ファンタジー営業部』予告編

 本作は、前田建設工業が連載している、架空の世界の建造物を実際に作ったらどうなるかを工期、工費を含めて検証するウェブコンテンツをもとに、『映画 賭ケグルイ』などの英監督が映画化。検証第1弾「マジンガーZ」の地下格納庫を基に、上司が発案した突飛な企画を実現しようと奮闘するサラリーマンたちを描く。

[PR]

 登壇時からクロストークをするなど、和気あいあいの雰囲気のキャスト陣。上地は「最初は(高杉、岸井、本多、小木の)4人がとにかく人見知りでまったくしゃべらないんですよ。特に真宙なんて誰とも目を合わせないんです」と裏話を披露した。すると小木は「明るい雰囲気を作ってくれたのは、あのおバカタレントなんですよ。メンバーに一人おバカがいてくれてよかった」と上地のコミュニケーション能力を小木らしい表現で絶賛する。

 英監督いわく「こんなになにもできなかった現場はなかった」というほど、キャストたちは奔放な振る舞いを見せていたというが、できあがった作品を観た小木は「あんな撮影がこんな面白い作品になるなんてすごい」と脱帽。高杉も「それぞれ長いセリフを撮影する日があったので、大変でしたがすごく楽しかった」としみじみ語っていた。

前田建設ファンタジー営業部

 この日は「2020年にやりたいこと」というテーマでトークも展開。岸井が「髪を今まで脱色したことがないので、やってみたい」と話すと、小木は「やればいいじゃん!」と突っ込む。女優という仕事のため、なかなか自分の好きな髪型にできないことを暗に伝えると、小木は「なかなか大変な仕事なんだね」と興味なさそうに返答する。続けて高杉が「僕は坊主にしたいんですよね」と発言すると、またもや小木は「やればいいじゃん!」と発言。高杉は苦笑いを浮かべていた。

 高杉は「舞台あいさつを見ていただければわかると思いますが、めちゃくちゃ面白いメンバーがそろいました。自分が出ている作品でいうのもなんですが、本当に面白い作品ができたと思っています」と胸を張って作品をアピールした。(磯部正和)

映画『前田建設ファンタジー営業部』は1月31日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]