「麒麟がくる」吉田鋼太郎、眞島秀和ら実力派ズラリ 舞台のような臨場感

第五回「伊平次を探せ」より
第五回「伊平次を探せ」より - (C)NHK

 16日に放送された大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合・毎週日曜20時~ほか)第五回「伊平次を探せ」では、吉田鋼太郎谷原章介に加え眞島秀和向井理らが登場。演出を務めた藤並英樹が本放送を前に、存在感を存分に見せつけた実力派俳優たちの魅力を語った。(※一部ネタバレあり)

【写真】玉置玲央が死刑囚を演じた大杉漣さんとの共演作

 第五回は、明智光秀(長谷川博己)が、第一回で手に入れた鉄砲の作り方を探るために、腕利きの鉄砲鍛冶・伊平次(玉置玲央)を探すことに加え、なぜ将軍家が鉄砲を大量に必要としているのかを探るため、再び京都を旅するさまが描かれた。そのなかで、三淵藤英(谷原章介)、松永久秀(吉田鋼太郎)らとの再会、足利義輝将軍(向井理)、将軍奉公衆の細川藤孝(眞島秀和)らとの出会いがあった。

[PR]

 第一回で大きなインパクトを残した松永久秀役の吉田は、第五回で背中にお灸を据えているシーンから登場。その後、光秀と共に伊平次を探しにやってきた遊女屋でのやり取りなど、強い印象を残した。藤並は「台本がありつつも、吉田さんには自由にやっていただきました。特に遊女屋のシーンでは、導線は作ったものの、途中で化粧をしている部屋や戯れ事をしている部屋に入ってしまう立ち居振る舞いなどはアドリブです」と述べる。

麒麟がくる
大反響だった松永久秀(吉田)が再び!

 そこには俳優への絶大なる信頼がある。「吉田さんはもちろんですが、長谷川さんも谷原さんも、眞島さんもお芝居が達者な人たちばかり。みなさんが現場で、それぞれあうんの呼吸でやってくれるので、さながら舞台のような感じなんです」と、藤並はその魅力に触れる。遊女屋の階段から久秀と光秀が降りてくるシーンについては、現場で藤並と吉田らが話し合い、ワンカットで撮ることになった。「あのシーンも長谷川さん、吉田さんともに“どうやったら面白くなるのか”とアイデアをくださり、舞台のような画になりました」と撮影を振り返る。

[PR]

 今回初登場となった足利義輝役の向井に対しては「光秀は義輝のことを武士の棟梁として尊敬している。そんな憧れの存在に会ったときのアイドル的な佇まいを、向井さんはしっかり出してくださいました。とにかくカッコいいです」と絶賛。同じく初登場の眞島についても「藤孝はあまり深く描かれる人物ではありませんが、光秀と対峙するシーンでは、よい緊張感のなか剣の達人であり、知識人である特徴をしっかり出していただけました。女性だけではなく、男性も素敵だなと思える佇まい」とのこと。

麒麟がくる
主演ドラマ「10の秘密」も放送中の向井理が、足利義輝将軍に

 そして第五回の注目ポイントと言えば、腕利きの鉄砲鍛冶・伊平次の存在。演じた玉置玲央について、藤並は「このドラマに入る前に鑑賞した舞台で拝見して、ご一緒してみたいとキャスティングしました。舞台経験が長い方で、伊平次という役柄もディスカッションしながら、すごくやんちゃで手が付けられない感じだけれど、手先が器用で好奇心が旺盛。根はいいというキャラクター造形にしていったんです」と語っていた。(取材・文:磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]