佐野勇斗、生まれ育った愛知・岡崎で撮影のカレンダーが発売!

佐野勇斗
佐野勇斗

 注目若手俳優・佐野勇斗の生まれ故郷である愛知県岡崎市で撮影された「佐野勇斗カレンダー 2020.4-2021.3」が、佐野の22歳の誕生日である3月23日に発売されることが決定した。

【動画】佐野勇斗の魅力たっぷり!メイキングムービー

 昨年、映画『小さな恋のうた』『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』など話題作に立て続けに出演した佐野。「南総里見八犬伝」を原作とした人気舞台「里見八犬伝」では、初座長として主演・犬塚信乃を熱演。今年は、2月から放送開始のAbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」で飯豊まりえと主演を務めるほか、俳優として着実にキャリアを積んでいる。

[PR]

 そんな佐野の2020年4月始まりの本カレンダーでは、自身が観光伝道師も務め、上京する18歳までの時間を過ごした愛知県岡崎市で撮影を実施。岡崎市の名所である岡崎城や岡崎市東公園のほか、学生時代の通学路、子どものころよく遊んでいた場所といった佐野の思い出が詰まったゆかりの地も撮影地となった。また、名古屋名物の味噌カツを美味しそうに頬張り、商店街でコロッケを食べるカットなど、故郷の空気感に愛着を見せる佐野の表情が収められるという。

 本カレンダー発売に先駆け、通常版と限定版の表紙カットと、収録されるイメージカットが公開された。大人っぽいまなざしやどこか哀愁が漂うクールな表情、そして岡崎城をバックにお城の形を表現した“岡崎城ポーズ”を決める佐野の少しおどけた一面も見ることができる。さらに、公開されたメイキングムービーでは、佐野の真剣な表情やリラックスした姿も映し出されている。

 昨年末、東京2020オリンピック聖火ランナーに選出された際に佐野は「岡崎市は愛知県の聖火リレールートに含まれているので、ぜひ注目してほしい」と語ったほど地元愛が強く、佐野の強い希望で本カレンダーの撮影が岡崎市で実現。思い出の詰まった愛する地元との貴重なコラボによって佐野の新たな一面が収められたファン必見のカレンダーとなっている。

[PR]

 なお、3月20日には東京、3月21日には大阪、愛知・岡崎にて発売記念イベントが開催される予定だ。(編集部・梅山富美子)

「佐野勇斗カレンダー 2020.4-2021.3」は3月23日発売 定価2,300円+税 発行:SDP

佐野勇斗コメント全文

今年もカレンダーを発売させていただけることになりました! 今回の撮影地はなんと地元愛知県岡崎市! 僕が生まれ育った地で撮らせていただきました! 僕の思い出の場所をぜひ皆さんに見ていただきたいです! 発売記念イベントも開催するのでぜひ会いにきてください!

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]