猪野広樹「『DECADANCE』-太陽の子-」に手応え!注目のセリフを紹介

「『DECADANCE』-太陽の子-」が初日を迎えた猪野広樹
「『DECADANCE』-太陽の子-」が初日を迎えた猪野広樹

 2.5次元舞台などで活躍する俳優の猪野広樹が24日、東京都港区にある EX THEATER ROPPONGI で行われた舞台「『DECADANCE』-太陽の子-」の囲み会見に出席。意気込みや主演の塩野瑛久の印象などを語った。

【写真】みんな衣装も素敵!(会見の様子)

 本舞台は脚本家、演出家の西田大輔が率いる「DisGOONie」の新作。西田が作・演出・プロデュースを担当し、魔女伝説のルーツを探る少年たちの冒険を描く。会見には塩野、長妻怜央小南光司白本彩奈も出席した。

[PR]

 猪野の演技については主演の塩野が「DisGOONieのベテラン勢が絶賛していた」と話すほどのレベルの高さだそうで、塩野が会見中に「猪野君だけに注目してくれたらいいくらいのレベル」とコメントする一幕もあった。

 猪野は「舞台の中で『俺たちはいつから俺たちを失ったんだろう』っていうセリフがあるんです。それが(猪野が演じる)ジェンバの気持ちをすごく表していると思います。ぜひ、その言葉に注目してほしい」とアピール。「この作品、座組が好き。できれば開けてほしくないなって思っていたくらい」と共演者、スタッフとの相性もよかったことを強調。初日を迎え「精一杯皆さんに楽しんでもらえるよう頑張ります」と前を向いた。

 主演の塩野については「顔合わせの時に怖いと思ったら意外と気さくでした。それが助かりました。(塩野は)『座長感がない』と謙遜していますが、僕はあるなって思っていました。しっかりまわりの芝居を見ているし、みんなともちゃんとディスカッションしている。頼りがいのある座長でした」と語った。

『DECADANCE』-太陽の子-

 その塩野は「誰一人欠けることなく初日を迎えられたのが嬉しい。温かいカンパニーでみんな熱くて、物語が加速するにつれみんなのよさも出てくる。そこに注目してほしい」とコメント。稽古については「怒涛の日々」と表現し、「あまりみんなと話したりわちゃわちゃする時間はなかった。でも、ご飯に行ける時は行ってお芝居の話をできて楽しかった。それぞれのキャラクターの個性に注目して観てもらえれば」と話していた。(取材・文:名鹿祥史)

舞台「『DECADANCE』-太陽の子-」はEX THEATER ROPPONGIにて1月24日~2月1日、森ノ宮ピロティホールにて2月8日~2月9日上演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]