千葉雄大『スマホ』続編で主演に驚き「ブイブイいわせた」

主演を務めた千葉雄大
主演を務めた千葉雄大

 俳優の千葉雄大が29日、都内で行われた映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』の完成披露舞台あいさつに登壇し、今回の続編で主演を務めることに驚きがあったことを告白した。この日は千葉とともに共演者の白石麻衣成田凌鈴木拡樹井浦新中田秀夫監督も来場した。

豪華!千葉雄大、白石麻衣、成田凌ら登場!【写真】

 大ヒットを記録した『スマホを落としただけなのに』の続編となる本作。連続殺人事件が解決してから数か月後、同じ現場から新たな死体が発見されたことで物語が展開していく。前作で事件を解決に導いた刑事・加賀谷役の千葉は、今作で主演を務めることに「まさに“まさかの”ということでビックリしましたが、前作に続いて素敵な監督とキャストのチームで新たな作品を作ることができる喜びもありました」とコメント。さらに「今回は主演ということで、みなさんを引っ張っていく心づもりでブイブイいわせていました」と付け加えて、笑いを誘った。

[PR]

 一方、前作で逮捕された殺人鬼・浦野役を続投する成田。「初対面の方には、ほぼ必ずと言っていいほど前作のイメージがあると言われて、最初はなかなか目を合わせてくれない方がほとんどです。特に女性からは『本当に近寄らないでください』と言われて、これは成功だなと。中田監督、ありがとうございますという気持ちで日々過ごしておりました」と笑顔で続けた。

 また、白石演じるヒロインを狙う謎の男役を担った井浦は「成田くんが演じた浦野の芝居は本当に気持ち悪い」と感じていたそう。「僕も前作のクオリティーをキープしながら、新しい風を吹かせられたらなと。自分としては成田くんと“キモい系俳優”同士、キモい対決をしたいなと思っていました」と成田へのライバル心を見せて、会場を沸かせた。

 最後に千葉は「いよいよ始まったな、という感じがします。緊張していたのですが、みなさんのお顔をのぞいていたら安心感があって、これが全国の方々に届けばいいなと思います。主演として何ができたかわからないですが、ミステリーとしても人間ドラマとしても、ぜひ楽しんでいただけたらと思います」とメッセージを送った。(取材・文:壬生智裕)

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』は2月21日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]