夏帆「生半可」ではできない 現代女性の本音えぐる衝撃作に覚悟

映画『Red』に主演した夏帆
映画『Red』に主演した夏帆

 俳優の夏帆が29日、都内で行われた映画『Red』完成披露プレミア上映会の舞台あいさつイベントに登壇し、本作へのオファーに女優として覚悟を決めて臨んだことを明かした。この日は、妻夫木聡柄本佑間宮祥太朗三島有紀子監督も来場した。

【写真】美しい…夏帆、真っ赤なドレスで登場

 現代女性の恋愛心理描写をセンセーショナルに表現した直木賞作家・島本理生の長編小説の実写映画化。誰もがうらやむ生活を送っていた人妻・村主塔子(夏帆)の運命が、かつて愛した男・鞍田秋彦(妻夫木)と10年ぶりに再会することで思いも寄らない方向に動き出す。

[PR]

 「非常に難しい役を誰ならやれて、誰なら自分が撮りたいか? と思ったときに夏帆さんにやってほしいと思った」と映画『ビブリア古書堂の事件手帖』でタッグを組んだ三島監督からラブコールを受けた夏帆は、「主演として呼んでいただけたということで、勝手に監督の覚悟みたいなものを感じて、生半可な気持ちじゃできないと思い、わたし自身も覚悟を決めて挑ませていただきました」とオファーを受けた当初の思いを打ち明けた。

 塔子役は「つかみどころがない人」だったそうで、「彼女自身がこの先何を選んで、どう生きていくか悩んでいたので、わたしも悩みながら演じていました」と苦労をのぞかせつつも、「監督といろいろ話し合いながら一緒に作っていった感覚があって、その環境にいられたことはとても幸せでした」としみじみと語った。

Red

 撮影現場での夏帆の様子について、初共演の妻夫木は「役に対してどうアプローチしていいかわからないという素直な気持ちを吐露していたし、顔にもすぐ出ちゃうところがウソがなくて好きでした」とにっこり。さらに、「わかっていないけどわかった振りをすることの方が多いけどよくない」と話し、「最後まで闘っていて素晴らしい女優だなと思いました」と賛辞の言葉を送った。

 妻夫木のぶっちゃけトークに、思わず「すみません、すみません」と平謝りの夏帆だったが、妻夫木に悩みをぶつけたり、自分をさらけ出したりしたことは、二人の距離感を縮め、互いの芝居の方向性を探る狙いもあったようで、「自分がどんな状態でも受け止め、芝居で返してくれる安心感がありました。本当にありがとうございました」と感謝していた。(取材:錦怜那)

映画『Red』は2月21日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]