織田裕二&中島裕翔「SUITS」シーズン2放送へ!月9歴代最長話数に

「SUITS/スーツ」続編が決定!
「SUITS/スーツ」続編が決定! - (C) フジテレビ

 織田裕二Hey! Say! JUMP中島裕翔が共演した2018年10月期の月9ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)のシーズン2が決定し、「SUITS/スーツ2」というタイトルで再び月9ドラマとして2020年4月期に放送されることが明らかになった。話数は未定であるものの月9ドラマ歴代最長話数となり、7月まで放送される予定だ。

豪華!前シーズンのキャスト陣【写真】

 本作は全米メガヒットドラマ「SUITS/スーツ」を原作に、負け知らずの敏腕弁護士・甲斐正午(織田)と経歴詐称の天才青年・鈴木大輔(中島)の凸凹バディが、あらゆる手段を駆使して難解な訴訟を次々と解決していくリーガルドラマ。

[PR]

 シーズン2では、東京・丸の内を舞台に本国の「SUITS/スーツ」シーズン2を基にした物語が展開。初回平均視聴率14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したシーズン1は、甲斐が大輔に2年間のボストン留学を勧めるところで幕を閉じたが、シーズン2では東京に帰ってきた大輔が再び甲斐と「幸村・上杉法律事務所」でバディを結成することになる。

SUITS
(C) フジテレビ

 キャストは主人公・甲斐役の織田、大輔役の中島ともに続投。1987年のデビューから33年のキャリアを誇る織田だが、主演を務めた地上波連続ドラマの連ドラシリーズ化は今作が初となる。クランクインは2月上旬の予定で、脚本はシーズン1から引き続き小峯裕之が担当。チーフ監督は「HERO」「監察医 朝顔」などの平野眞が務める。

 フジテレビ月9ドラマ枠は、1987年4月の放送開始以来134作品のドラマを放送してきたが、これまでの最長話数は「教師びんびん物語」「教師びんびん物語II」「同・級・生」「キモチいい恋したい!」「君のためにできること」の全13話。本作はそれを超える月9史上最長の話数で放送される。(編集部・吉田唯)

[PR]

「SUITS/スーツ2」はフジテレビ系で4月にスタート、毎週月曜21時~21時54分

コメント全文

■織田裕二
Q:シーズン2を迎え、改めて甲斐正午という男についての印象や役に対する思い。
“言われたら言い返す”、“言われなくても言い返す”甲斐正午という弁護士。紳士の仮面を被った狼、野心家で自信家のちょっと小さい男。こういう役を演じるのは楽しいです。また暴れまわります!

Q:再びバディを組む中島裕翔さんについて。
あの歳の頃の1~2年は大きいので、どれだけ成長しているか見られるのが楽しみです。またよろしくです!

Q:地上波の連続ドラマでのシリーズ化はキャリア初となりますがいかがですか?
そうですね。言われるまで気づきませんでした(笑)。“またやって!”と言われるのはうれしいことです

Q:番組を楽しみにしている視聴者に向けメッセージをお願い致します。
パワーアップした“SUITS/スーツ2”。幸村・上杉法律事務所、上杉氏はシーズン1には登場しませんでしたがいよいよ復帰し、それにより物語は大きく動き出します。日常を忘れて、SUITSの世界観を楽しんでください!

■中島裕翔
Q:「SUITS/スーツ2」の放送が決まった時の率直な感想。
このドラマが帰ってくるのは、一ファンとしてもうれしいですし、またあのチームで一緒にお仕事できることがとてもうれしいです。おもしろいドラマをみんなで作れたらなと思います!

[PR]

Q:シーズン2を迎え、改めて鈴木大輔の印象や役に対する思い。
シーズン1の最後にボストンに行くことになったりと、少し原作と設定の違うところもあって、大輔は成長しているので自分もシーズン1を撮影していた時から変わったところを見せられたなと思います。今作では、気楽にみんなとお芝居のキャッチボールをしたり、大輔が成長して帰ってきた強さだったりを見せられたらいいなって思っています

Q:再びバディを組む織田裕二さんについて。
近くにいると尊敬する部分や“主演たるものこうだ!”みたいなものを感じることができるので、そういうところをバッチリ盗みつつ、自分からも何かいい影響を織田さんに与えられるようになりたいなと思います!“成長したな”って織田さんに言ってもらいたいです!

Q:番組を楽しみにしている視聴者に向けメッセージをお願い致します。
今回は長い戦いになりそうです(笑)。ここまで長い話数に挑戦したことがないので、少し不安ですが、日本版にローカライズしたスピード感のあるセリフ劇を楽しんでいただければうれしいです!

後藤博幸プロデューサー
まずは、日本版“SUITS/スーツ2”を制作させていただけることに、アメリカ“SUITS”関係者の皆さまに敬意を表するとともに感謝申し上げます。アメリカのシーズン2では、陰謀渦巻く法律事務所内で派閥争いが起き、ハーヴィーとマイクを軸に激動の人間ドラマが展開されます。これを絶妙なバランスで日本にローカライズしたドラマを、33年続く月9史上最高話数で描けるのはすごくありがたいことです。新レギュラーで最強の難敵も現れる中、甲斐(織田裕二さん)と大輔(中島裕翔さん)がどう暴れてくれるのか、想像しただけでワクワクします。どうぞご期待ください!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]