『IT/イット』の美少女ソフィア・リリスが血まみれ!Netflix新作青春ドラマの衝撃予告

シドニー(ソフィア・リリス)はどうして血まみれに? 気になるNetflix新作ドラマが配信間近
シドニー(ソフィア・リリス)はどうして血まみれに? 気になるNetflix新作ドラマが配信間近

 大ヒットホラー『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のヒロイン、ベバリーの少女時代を演じた女優ソフィア・リリスが主演を務めるNetflixオリジナルシリーズ「ノット・オーケー」(2月26日全世界独占配信)から、ソフィアの衝撃的な姿で幕を開ける予告編が公開された。

【動画】「ノット・オーケー」予告編

 『IT/イット』で、大人びた物腰と裏腹に、心に深刻なトラウマを抱えた少女ベバリーを好演したソフィア。新作ドラマ「ノット・オーケー」では、退屈な日々をすごしていたある日突然、スーパーパワーが覚醒してしまう17才の女子高生シドニーを演じる。

[PR]

 父親が死んでから家族関係は微妙になり、学校では思春期特有の問題に悩まされ、何かあるとすぐキレて物にあたってしまうシドニー。うんざりな毎日をすごす彼女に、手を触れず物を動かすことができるスーパーパワーが宿ってしまう。力に悩むシドニーの青春の日々を描くドラマかと思いきや、予告編は、いきなり全身血まみれのシドニーが全力疾走する、衝撃的な映像から幕を開け。果たしてシドニーは、積み重なる苦難から無事解放され、普通の学校生活を送ることはできるのか。予測不可能な青春ドラマを予感させる。

画像テキスト

 一風変わったシドニーの友人スタンリーを、『IT/イット』のスタン役でソフィアと共演した、ワイアット・オレフが演じているのも見どころ。『IT/イット』とは全く違った関係性を演じる二人に注目だ。そのほか、シドニーの親友ディナ役のソフィア・ブライアントや、ディナの彼氏ブラッドリー役のリチャード・エリスなど、若手俳優陣が脇を固める。

[PR]

 Netflixが配信するドラマ「このサイテーな世界の終わり」の原作者でもある、チャールズ・フォースマンによる同名グラフィックノベルのドラマ化作品でもあり、製作総指揮は「ストレンジャー・シングス 未知の世界」に製作総指揮・監督として携わるショーン・レヴィ。本作についてショーンは「『ストレンジャー・シングス』と同じように、本作は10代の若者を描くドラマであっても、10代の若者だけが観るドラマにはしないように作りました。若者たちには、若者だけに迎合しない面白さをわかってもらえると思いますし、絶妙に時代を超越した衣装やセットデザイン、音楽のチョイスなど、精巧かつ高度でスタイリッシュであり、すべての年齢層が共感できる物語になっています」と自信のほどを覗かせている。監督は、「このサイテーな世界の終わり」を手掛けるジョナサン・エントウィッスル。(編集部・入倉功一)

Netflixオリジナルシリーズ「ノット・オーケー」は2月26日(水)より独占配信開始

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]