本郷奏多、大河ドラマ初出演!関白・近衛前久役に「精いっぱい頑張りたい」

本郷奏多、高貴な雰囲気漂う
本郷奏多、高貴な雰囲気漂う

 現在放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合・毎週日曜20時~ほか)の新キャスト発表&スタジオ取材会が19日、NHK放送センターにて行われ、本郷奏多が近衛前久(このえ・さきひさ)を務めることが発表された。本郷は初の大河ドラマ出演となるが「すごい方々のなか、精いっぱい頑張りたいです」と意気込みを語っていた。

【写真】本郷奏多、ユースケ・サンタマリアら大河ドラマ初出演の4名!

 「麒麟がくる」は、美濃に生まれ斎藤道三を主君に持つ戦国武将・明智光秀の生涯を、池端俊策がオリジナル脚本で描く大河ドラマ。本郷は、光秀が道三に別れを告げ、逃れる先となった越前を舞台にした「越前編」から登場する、公家でありながら、類いまれなる行動力で政治に介入していく若き関白・近衛前久を演じる。

[PR]

 本郷は「初めての大河ドラマ。そうそうたるメンバーのなかでお芝居ができてうれしいです」とやや緊張気味に語っていたが「僕が演じるのは関白という偉い人物。すごい俳優さんたちが、みんな僕に頭を下げてくれるような役なので、すごく楽しいんだろうなと思いました」と茶目っ気たっぷりにあいさつ。

左から安藤政信、間宮祥太朗、長谷川博己、ユースケ・サンタマリア、本郷奏多

 主演を務める長谷川博己とは、『進撃の巨人』シリーズなどでも共演経験がある本郷。「結構前の共演だったので、覚えてくださっているかドキドキして現場に入ったんです」と振り返る。「でも『久しぶり、元気だった?』と声をかけてくださいました。以前と変わらず優しいお兄さんのような方。まだご一緒するシーンはありませんが、モニターを通して、座長として撮影現場にいる長谷川さんの姿を拝見しています。これからもよろしくお願いします」と笑顔を見せる。長谷川も「本郷さんとは以前共演したことがあり、信頼感があります。安心して物語を作っていける。いまから撮影が楽しみです」とエールを送っていた。

[PR]

 制作統括の落合将は、本郷の起用理由について「近衛前久は政治力が高い公家。本郷さんは昔から気になっていた個性派俳優。貴族なので難しい役だと思いますが、本郷さんは高貴な雰囲気を出せる方。大きな期待を持ってお願いしました」と太鼓判を押す。「近衛は(尾野真千子演じる)伊呂波太夫の弟分という設定になります。登場は越前編からですが、後半濃厚に描かれていく人物です」と期待を煽っていた。

 この日は、朝倉義景役をユースケ・サンタマリア、明智左馬助役を間宮祥太朗、柴田勝家役を安藤政信が務めることも発表された。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]